VIO脱毛ランキング

Oラインってどこ?脱毛するメリットや手順、回数、費用を徹底解説

最近vio脱毛が人気と耳にしますが、はっきりとムダ毛が生えているとわかるVラインと性器周辺のIラインはともかく、肛門周辺のOラインは脱毛する必要があるのかと思う人もいるでしょう。

しかし、Oラインは目立たない部位だからこそ、脱毛サロンで脱毛するメリットが多いのです。

今回は、Oライン脱毛のメリットと手順、どれぐらいの回数や期間で完了するか、vio脱毛のセットコースとOライン脱毛単体のどちらがお得なのか調べてみました。

恥ずかしいと感じる人が多い、Oライン脱毛施術時の姿勢や服装も紹介します。

Oラインってどんな部位?メリットはある?

Oラインとは、特に自分でも見えない肛門回りのことで、ヒップ奥と呼ぶ脱毛サロンも多いです。

そんなところにムダ毛が生えていると思わないかもしれませんが、ヒップの肉を掴んで広げて鏡に写したり、清潔にした指で肛門の周囲を触ってみるとムダ毛が分かりますよ。

Oラインを脱毛するメリットは次の通りです。

衛生的になる

Oラインにムダ毛があると汚れや匂い、かぶれのもとになります。

特に介護でおむつを使っている人は肛門付近に排泄物が付着して蒸れることで、おむつかぶれを起こすことが多いです。

アンダーヘアに白髪が増えると、メラニン色素に反応する光脱毛では、効果がでにくくなるので若いうちの脱毛をおすすめします。

自己処理が楽になる

自分でOラインのムダ毛を処理するのは、専用のシェーバーを使っても時間も手間もかかるものです。

粘膜が近い部位なので、除毛クリームや毛抜きなど刺激の強い処理方法はためらわれます。

Oライン脱毛をすることで、自己処理の頻度をぐっと下げられますよ。

検査や介護を受けるときに慌てないで済む

お尻の穴なんて人に見られる機会はないと思うかもしれませんが、病気の時の検査や介護等では人の目が気になります。

以前、直腸内視鏡検査を受けたとき、看護師、技師、医師と4人ぐらいで対応されて、ムダ毛がないか焦ったことがありました。

Oラインを脱毛するデメリットも勿論あります。

恥ずかしいのを我慢しないといけない

お尻の奥は自分でも見ない場所ですから、脱毛に抵抗がある人は多いです。

粘膜の側なので痛みが強い

太い毛が生え、粘膜の側にあるVIO脱毛は痛みが強くなりやすいのが欠点ですが、脱毛機の中には痛みを抑えたものや細かく出力を調整できるものがあるので、心配は要りません。

Oラインの脱毛の手順と回数は?姿勢は?

Oライン脱毛は次のように進みます。

  1. 着替える
  2. シェービングを行う
  3. 通常、脱毛前には毛根に光がよく当たるように自分で毛を剃ってくるように言われますが、Oラインは自分で剃るとうまくいかないことがある部位なので、剃り残しがあっても無料で処理してくれる脱毛サロンが多いです。

  4. 照射
  5. 二人体制の場合は、片方のスタッフがお尻の肉を引き上げて照射しやすくします。

  6. 冷却して肌を保護するジェルやローションを塗る
  7. 肌荒れを防ぐための保湿です。

  8. 着替えをして次回の予約をとる

Oライン脱毛にかかる回数は、その人の毛量によって違いますが脱毛サロンの場合、5~18回が平均です。

これはつるつるになるまでの回数で、数回照射するだけでも毛量は少なくなって、手入れが楽になります。

期間としては、1年~3年かかると考えておきましょう。

Oライン脱毛の時の姿勢が気になるという声がネット上では多いです。

一般的な服装と、姿勢を確認しておきましょう。

  • 緩めの紙ショーツが用意されていて、それをずらして照射する
  • ワンピースのような施術着があり、ショーツは用意されていない

この2つのパターンが服装として多いです。

姿勢はうつぶせか四つん這いで照射する脱毛サロンが多く、お尻の肉を広げて粘膜を避けて照射します。

四つん這いの方がうつぶせより恥ずかしかったという声が多いので、気になる人はカウンセリングの時に相談して、うつぶせで照射できるか確認すると安心ですよ。

どの脱毛サロンも照射は女性スタッフが行うなど羞恥心への配慮はしていますし、Oラインの脱毛は5~10分で終了しますので、少しの間の辛抱です。

脱毛サロンのOライン単体のプランとvio脱毛どちらが安い?

Oラインのムダ毛が薄い人は脱毛をするか悩むことがありますが、その場合、vio脱毛のセットコースを選べばお得に脱毛できますよ。

参考までに、人気の脱毛サロン、ミュゼプラチナムの料金表を見てみましょう。

ミュゼプラチナムでは、Oライン、Vライン、Iラインの脱毛は、フリーセレクト美容脱毛のSパーツに該当します。

2回 9,000円
8回 18,000円
12回 27,000円

それに対してハイジニーナ7VIO脱毛コースはvio脱毛だけではなく、トライアングル上、トライアングル下(前から見た三角形の部分)へそ下、Iライン(性器周辺)ヒップ奥(Oライン)Vライン上、Vラインと7つのパーツを1度に脱毛できるコースです。

料金は下記の通りになっています。

1回 18,000円
4回 36,000円
6回 54,000円

ぱっと見、単体でOラインを脱毛する方が安く見えますが、後からVライン、Iラインを脱毛したくなった場合、8回コースを単体で申し込むと、VIOで54,000円かかってしまうのです。

トライアングル下、上も足すと、さらに費用がかかりますが、ハイジニーナ7VIO脱毛コースは7か所1度に脱毛できて54,000円で済みます。

7か所をバラバラ脱毛するより、安く 済むだけではなく、蒸れや匂いを防ぐという観点からいうと、アンダーヘア全体の量を減らした方が効果は上がるのでおすすめです。

どの脱毛サロンのVIO脱毛も自分の好みの形や量に毛を整えてもらえるので、無毛にしてしまうのは抵抗があるという人も安心ですよ。

バラバラにOライン、Iライン、Vラインと脱毛していくと、通う期間が長くなってしまいますし、予約を取る手間がかかりますので、1度に済ませるほうが楽になります。

詳細ページ公式ページ

痔があってもOライン脱毛はできる?

産後など痔になりやすいですが、Oライン脱毛をできるのか心配な人も多いでしょう。

痔は次の3種に分類されます。

  • 痔核(いぼ痔)
  • 痔瘻(穴痔)
  • 裂肛(切れ痔)

このうち、いぼ痔は突出していますので、その部位を避ければ照射できます。

しかし、粘膜に傷がついている切れ痔は照射の影響が大きいので断られることもあるので、事前に問い合わせましょう。

また、脱毛サロンでは、肌トラブルを防ぐために照射前に服薬や薬の塗布はしないように呼び掛けていますので、前日から痔の薬は使えません。

痛みが強い時には、姿勢を変えるのも大変ですので、症状が治まってからOライン脱毛を受けた方がよいでしょう。

Oライン脱毛は衛生的!単体より、VIO全体を脱毛したほうがよりお得

人に見えない場所でも排せつ物やおりもの、経血の付着でかゆみや匂いのもとになってしまうのがOラインのムダ毛です。

Oライン脱毛をしておくと、自己処理の手間や怪我などの危険から解放されますし、検査等の時も安心できますよ。

Oライン単体を脱毛するより、その近くのVIO全体を脱毛したほうがコストパフォーマンスもよく、蒸れなどを防ぐ効果も上がります。

ワキ脱毛と並んで人気のVIO脱毛、毎日を快適に過ごすために、脱毛サロンに足を運んではいかがでしょうか。