顔脱毛ランキング

顔脱毛中の焦げ臭いニオイは何?正体を調査!

脱毛サロン顔脱毛の施術を受けているとき、何かが焼けるような焦げ臭い匂いを感じることがあります。

この匂いのは、さまざまな要素が原因となっているため、なぜ焦げ臭さを感じるのか、施術中の不安を解消するために、調べてまとめてみました。

脱毛サロンでの顔脱毛中に焦げ臭いと感じるのはなぜ?

顔は皮膚が薄く火傷になりやすいため、施術中に何かが焼けたような匂いを感じると失敗やトラブルを懸念するものです。

しかし焦げ臭さを感じるケースは多く、ほとんどの場合は施術に問題はありません

顔脱毛は鼻に近いため、わずかな焦げ臭さも敏感で、特に顔脱毛で鼻下の産毛を処理するときに感じてしまうことが多いのです。

しかし、火傷のリスクが高まっているのも事実ですので、焦げ臭さの原因を取り除くために、原因をいくつかピックアップしてみました。

ホクロに照射した

脱毛サロンで使用する脱毛機器は、表皮下にある毛根付近のメラニン色素に光を反応させて、周囲の細胞にダメージを与えることでムダ毛を生やす機能を弱めていく仕組みです。

照射した皮膚にホクロがあると、そちらにも反応してしまい、濃さによっては強い痛みや火傷の原因となります。

多くの場合はホクロにパッチなどを貼って対策を行いますが、パッチの貼り忘れなどがあると焦げ臭さを感じてしまうことがあるでしょう。

対策として、ホクロが多い人はメラニン色素に反応させずに処理を行う「SHR脱毛」を採用している脱毛サロンを選んでください。

ちなみに、焦げ臭さを感じたあとは、ホクロ周辺が赤くなり、軽いやけど状態になっている可能性があるので、念のため施術を受けたサロンに相談してください。

剃り残しがあった

目立つ産毛などはあらかじめシェービングが必要ですが、シェービングを怠ったり剃り残しがあると、毛が焼ける匂いが強く焦げ臭いと感じてしまう場合があります。

これはサロンの光脱毛よりも威力の強い医療レーザー脱毛で感じる場合が多く、実際に熱で毛が焦げている状態になるのが原因です。

ほとんどの場合は問題がありませんが、光やレーザーが強く反応するため火傷のリスクが高くなるので、なるべく剃り残しがないようきっちりとシェービングしてから施術を受けてください。

毛が太く濃い

毛が太い場合や濃い場合は、通常よりも脱毛の光やレーザーが強く反応するので、焼けたような匂いを感じる場合があります。

特に顔脱毛は眉毛周囲やもみあげの周辺が施術範囲に入っていると、毛が産毛よりも太いため、脱毛の光が反応しやすいです。

同時に痛みも通常より強めに感じる場合があるので、毛が太く濃い体質の人はSHR方式を選択するのもおすすめですよ。

焦げ臭いにおいがした場合のリスクは?

焦げ臭さを感じた場合は、脱毛機の光が強く反応しているため、火傷のリスクが高まります

特に大きめのホクロやシミに反応してしまった場合は、火傷や赤み、痒みの原因となるため、ホクロやシミは必ず避けて施術してもらいましょう。

また、眉毛周辺を施術していたときに、誤って眉毛の一部に照射してしまい焦げ臭い匂いがしたという体験談もあります。

脱毛サロンの場合は、一度の照射で永久的な脱毛効果はないので、眉毛が抜けてしまってもいずれは生えてきますが、念のため脱毛サロンに相談してください。

焦げ臭さは顔脱毛あるある!念のため火傷の確認を

顔脱毛は鼻に近いからこそニオイを強く感じてしまうことがあり、焦げ臭さを感じやすいのが特徴です。

そのため、脱毛サロンでの施術だけでなく、医療レーザー脱毛や家庭用脱毛器でも「焦げ臭さを感じた」という体験談は多く、ほとんどの場合で問題がありません。

しかし、火傷などのリスクが高いのも事実です。

特にホクロや剃り残しの毛に照射してしまった場合、周辺が赤く腫れることがあるので、焦げ臭い匂いがしたら、なるべく施術後に顔を観察して異常はないか確認しておきましょう。

万が一異常があった場合は、すぐに施術を受けたサロンやクリニックに相談してください。