脱毛サロン 解約

脱毛サロンに通えなくなった!どうすればいい?

脱毛サロンに通っているうちに、当初の見通しと変わってくることがよくあります。
引っ越し・病気・妊娠・出産・別のサロンに変えたくなった・思っていたよりもお肌に負担がかかったなど、脱毛を途中でやめる理由はさまざまです。
そんなときには、解約手続きをすることができます。
こちらでは、ぜひ知っておきたい脱毛サロンの解約返金についてお話ししていきます。

 

脱毛サロンの解約手続きについて

脱毛サロンの解約手続きに必要なものは以下の通りです。

・契約書
・印鑑
・残金を振り込む銀行口座番号

サロンの契約書を持参し、契約した店舗やお客様窓口などに連絡して解約手続きを行いましょう。

 

途中解約は思い立ったときにいつでもできるわけではありません。
脱毛サロンによって「契約の〇月後から」「一定期間が過ぎてから」などという決まりが設けられています
この条件に合致してないと、すぐ解約したくても手続きすることができませんので注意が必要です。

 

また解約しても、残金が全て戻ってくるわけではありません。
多くの脱毛サロンでは、一定の割合の金額を解約手数料として差し引くからです。
全額返金されるサロンもありますが、ほとんどのケースでは手数料を引かれると思っておきましょう。
月額制の場合は、解約手数料が不要で月々の支払いがストップするだけというサロンが多く、一括払いの場合は残金から一定の解約手数料が引かれるところが多くみられます。

 

もし解約したくなったのが契約した日から8日以内であれば、そもそも契約をなかったことにできるクーリングオフ制度が設けられています。
この制度を使う場合は、支払ったお金が全額返金されますので、一括でお金を払ってしまったけれど気が変わってしまった場合、あきらめずにクーリングオフ制度を利用しましょう。
クーリングオフをする場合には、書面で「クーリングオフをする」と通知するだけで済みます。
契約した脱毛サロンに出向かなくても手続きできますので、郵便局の内容証明サービスなどを利用してサロンに通知しましょう。
数日後には支払ったお金が全額口座に振り込まれますので、金融機関にて確認してください。

 

解約手数料や違約金ってなに?いくら払うの?

解約手数料や違約金とは、解約手続きの際にかかる費用のことであり、残金の〇〇%という取り決めがあります。
またサロンによっては、一律で何円という取り決めがあるところも。
そこからさらに振り込み手数料を引かれることがほとんどです。
銀行に振り込まれた金額をチェックした際、残金よりも少ない金額だった場合、解約手数料や銀行振込手数料・違約金が引かれていると考えてください。
引かれる金額はサロンによって異なりますが、だいたい残金の1割以上が引かれてしまうという心づもりをしておきましょう。

 

代表的なサロンの解約への対応は?

代表的なサロンの解約への対応は以下の通りです。

キレイモ

キレイモでは、解約の手続きは店舗またはコールセンター(電話番号0120-965-489)に連絡して行います。
解約に際しての違約金や解約手数料などはありませんが、月額制・パックプランともに解約するための条件が設けられています。
規定の回数の脱毛を済ませていること、契約してから2か月以上の期間が経過していることが条件ですので、自身の条件が合致しているかどうかの確認が必要です。
もし適用されるか分からないなら、コールセンターに電話した際に確認してもらいましょう。

 

ミュゼ

ミュゼでは、最初の契約から2年以内であれば残った回数分が全額返金されます。
解約手数料や振込手数料などを負担する必要はありません。
ですが最後の施術から2年が経過している場合は、一切の返金がされませんので気をつけてください。
解約をしたいときは、ミュゼコンシェルジュデスク(電話番号0120-965-489)に連絡し、手続きの予約をしましょう。
その後店舗にて解約手続きを行います。

 

銀座カラー

銀座カラーでは、解約の手続きは店舗またはコールセンター(電話番号0120-360-286)に連絡して行います。
解約手数料は未使用分の金額の10%で、上限は2万円までとなっています。
もしローンやクレジット払いで契約をしていた場合は、銀座カラーでの解約手続きだけでは引き落としがストップしません。
あわせてローン会社やクレジット会社にも解約の連絡が必要ですので、忘れずに行いましょう。

 

シースリー

シースリーでは、解約の手続きは店舗またはコールセンター(電話番号0120-762-090)に連絡して行います。
解約手数料は未使用分の金額の10%で、上限は2万円までとなっています。
シースリーの解約は、施術を受けた回数によって返金額が異なる仕組みになっており、既定の回数に達していなかったり、逆に超えていたりする場合には返金されないことがありますので注意が必要です。
もし適用されるか分からない場合は、コールセンターに電話した際に確認してもらいましょう。

 

コロリー

コロリーでは、解約の手続きは店舗またはコールセンター(電話番号0120-088-204)に連絡して行います。
解約手数料は未使用分の金額の10%で、それに加えて振込手数料も差し引かれます。
解約できる条件などはなく、回数が残っていればいつでも解約手続きをすることが可能です。

 

脱毛サロンの解約にはルールがある!しっかり確認しておこう

脱毛サロンに通ううち、事情が変わって解約したいと思うのはよくあるケースです。
ですが解約したいと思ったとき、すぐに手続きができ全額返金されるサロンは限られています。
ほとんどのサロンでは解約手数料や違約金が差し引かれますし、解約できる条件が設けられています。

 

また解約の連絡をする窓口も、お客様センターであったり契約した店舗に直接申し出る必要があったりとさまざまです。
サロンによりこれらの条件が異なっていますので、契約したときに「もしかしたら解約するかもしれない」ということを念頭に置いて、しっかりと確認しておきましょう。

 

以前のサロンではこうだったという経験は、他のサロンに通用しないことがありますから、思い込みで損をしてしまわないようにしたいですね。
また解約するかもしれないと思っているなら、最初から解約条件のゆるいサロンを選んでおくなどの工夫をするといいでしょう。

 

脱毛サロンを途中でやめたくなったら解約できる?

page top