脱毛サロンの基礎知識

脱毛サロンに行く前に確認しておくべき注意事項とは?

脱毛をするにあたって、サロン側からいろんな注意事項が説明されます。

この注意事項を守らないと施術不可能になってしまうことも。

そこで、代表的な注意事項とその理由を確認しておきましょう。

脱毛サロンへ行く当日、注意事項がある理由とは?

どうして脱毛サロンでは、脱毛を受ける当日にいろいろな注意事項があるのでしょうか。

理由の中で一番大きなものが、体調の変化です。

脱毛行為はお肌からムダ毛を取り除くためにフラッシュ照射などをするので、体に刺激を与えてしまいます。

もしも、体調が不良にもかかわらず施術を受けてしまうと、その刺激で体調がさらに悪化する可能性も。

脱毛サロンは体調変化のリスクを回避するために、様々な注意事項を定めているのです。

脱毛1週間前から日焼けや乾燥に注意!

脱毛サロンから、「脱毛の1週間前くらいから当日にかけて日焼けを避けてください。」と言われたことはありませんか。

脱毛サロンで行われている施術は、その多くがフラッシュ脱毛という方法で、特別な光を照射することで、毛の中のメラニン色素に反応して熱エネルギーが発生し毛根を刺激して脱毛を促します。

ところが、施術によってお肌は熱を帯びるため、お肌の水分が蒸発して乾燥状態に陥ることも。

お肌の乾燥を放置しておくと、かゆみや赤みが出るだけでなく、酷い場合には炎症を起こす可能性も出てきます。

だから、脱毛前は、できるだけお肌の保湿を心がけなければなりません。

そこで注意したいのが、日焼けです。

日焼けした状態のお肌はメラニン色素が多いため、フラッシュ照射によってお肌が熱を持ったり赤くなってしまうことも。

また、紫外線を長時間浴びると肌はダメージを受けて乾燥が進みますが、その状態で脱毛をすると余計にお肌が乾燥してトラブルのリスクが高くなってしまいます。

これら意味からも、日焼けは避けるようにしましょう。

生理期間中は体調変化のリスクあり!

体調変化に対する注意点としては、女性特有の生理も気を付けたいポイントです。

周期的にも生理中はホルモンバランスが普段と変わっているので、体調変化が起こりやすくなっています。

計画的に脱毛を進めたい方は体調変化のリスクを納得したうえで施術を受けるケースもありますが、なるべく避けた方が良いでしょう。

また、VIO脱毛は生理期間中だと不衛生になるため施術を断る脱毛サロンがほとんどです。

脱毛の予約が生理日と重なってしまった場合、別日程で予約を取り直すことができるかもしれません。

一度、サロンに相談してみましょう。

ところで、予防接種を受けたときも当日の脱毛施術を控えるように言われますよね。

予防接種は健康な状態で受けるものですが、抗体を体に入れるので、体調変化が生じやすくなります。

予防接種を受けた後1週間ほどは対象となる病気に対する免疫が体の中で出来上がっていくため、体調的にも敏感な状態が続くのでトラブルが起こる原因になりがちです。

そのため、予防接種から1週間以降の日程で脱毛を受けるようにしましょう。

脱毛前の飲酒は厳禁

脱毛と飲酒は一見すると関係がないようにも感じられますが、実はお肌がトラブルを起こす原因として代表的な注意事項です。

アルコールを摂取してしまうと、体の中でアルコールを分解しようと多量の水分が必要となり、内臓の活動が活発になるので血流が盛んになってしまいます。

そこへ脱毛をするとお肌にとって大きな刺激となり、かゆみが生じたり赤味を帯びたりする原因になることも。

お肌が敏感な人は、前日から飲酒をしないように特に注意しましょう。

飲酒が注意事項とされているのは、体調とは別の理由もあります。

それはマナー面での問題です。

飲酒をするとつい気が緩んでしまってスタッフに対して横柄な態度を取る方が出てきます。

脱毛サロンの品位・環境を保つためにも飲酒は厳禁と心得ておきましょう。

下準備としてのシェービングを!

脱毛サロンでは下準備としてシェービングをする必要があります。

フラッシュ脱毛では、照射する光が毛の中にあるメラニン色素に反応して熱エネルギーが発生するのですが、その際、毛が長いと余分なエネルギーが生じてしまって効率的に毛根に熱が伝わりません。

あらかじめシェービングをしておくことでスムーズに脱毛することができるのです。

ただ、シェービングは少なからずお肌に負担をかけてしまいます。

当日シェービングを行ってすぐに脱毛となると、お肌表面がかさついたり傷ついたりしている状態で脱毛しなければならず、肌トラブルを引き起こす原因になってしまいます。

お肌の負担を減らすためにも、シェービングは脱毛日よりも前に済ませておきましょう。