VIO脱毛

VIO脱毛の当日までにしておく準備と気をつけておくべきポイント

デリケートゾーンは、普段他人に見せる機会の少ない部位ですが、近年ではデリケートゾーンの脱毛のメリットが広く知られるようになり、今では誰もが当たり前のようにVIO脱毛をする時代になりました。

ところがいざVIO脱毛を始めてみようとすると、「何から何まで、どうしたらいいのか分からない!」と戸惑ってしまう方は多いのではないでしょうか?

こちらでは、VIO脱毛当日までに準備しておくことやシェービング、気をつけるべき注意ポイントを詳しく説明していきます。

VIO脱毛の際に気をつけること

VIO脱毛をするにあたっての注意事項を挙げていきます。

仕上がりのイメージを決めておく

例えば、

  • Vラインの形は最終的にどのような形にしたいのか
  • Iラインは毛を少し残すのか全部無くしてしまうのか
  • 全体的に毛量はどのくらいにするのか

など、完成のイメージを常に意識して施術を受けましょう。
脱毛して毛が生えてこなくなってからではやり直しが効かないので、将来「あの時やっぱりこうしておけばよかった・・」と後悔しないようにしたいですね。

Vラインは逆三角形型、卵型、スクエア型、ハート型など様々な形があります。

ミュゼプリートのようなvio脱毛にこだわっているサロンは、自己処理の際に形を失敗しないよう、Vラインに使用するプレート(型紙)が貰えます。

また毛量の調整のため、初めの何回かを全照射してから形を整えて照射していくといった施術の進め方もあります。

最終的にVIOの毛をどのようにしたいかは事前に決めておき、施術の度にしっかりエステティシャンに伝えてイメージを共有するようにしましょう。

vio脱毛の残し方はどうする?後悔しないデザイン・形をつくる方法!vio脱毛の残し方は重要ですよね。ツルツルにするにはどうするのか、アンダーヘアのデザイン一覧、自己処理でチクチクしないポイントや男女別の人気デザインもご紹介!気になるIラインの残し方についても解説します。 ...

他の部位と比べてVIO部分は痛みが強いことがある

VIO部分は皮膚が薄く敏感なので、他の部位に比べて痛みを強く感じる方もいらっしゃいます。
しかし、大抵のサロンでは痛み具合によって照射出力を弱めたり、照射前後にはしっかり冷却して痛みを軽減させてくれるのであまり心配することはありません。

痛みがどうしても不安な方は、カウンセリングなどで事前に相談・確認しておくと安心ですね。
もしくはVIO脱毛が体験できる脱毛サロンを利用しましょう。

VIO脱毛が痛い理由から痛みの軽減方法とハイジニーナに最適な脱毛法まとめ個人差もありますが、vio脱毛は痛いです。こちらの記事では、なぜvio脱毛が痛いのか、痛みを軽くする方法や痛くないvio脱毛はないのかを詳しく解説しています。キレイなアンダーゾーンに憧れているなら、ぜひ読んでみてください。 ...

また、以下の場合は当日vio部分の施術が受けられなくなってしまうので、特に注意が必要です。

  • 生理と重なってしまった場合
  • タンポンを使用すれば生理中でも脱毛できるサロンもありますが、大抵のサロンは衛生面や脱毛の効果などを考慮し、生理中のvio脱毛は行なっていません
    予約日に生理に重なるのが分かったら、予約を変更しましょう。

    ちなみにVIO脱毛はおりものが多くても脱毛可能です。

  • 肌トラブルが起きている場合
  • 自己処理における剃刀負けなどで炎症が起きていたり出血していたりすると、施術を行うことができません。
    事前の自己処理には細心の注意を払いましょう。

VIO脱毛当日までの準備はどうしたらいいの?

脱毛前日までには脱毛する部分の自己処理を済ませましょう

カミソリや電気シェーバーで剃り残しのないよう、注意しながら丁寧に剃ります。

毛の断面に光が反応することで脱毛効果が得られるので、抜いてしまうことのないよう気をつけてください。

また、VラインやV・Iライン脱毛で境目など、毛を残したい部分がある場合はきちんと残しておきましょう。

もしムダ毛の自己処理が上手くいかず、Vラインが左右非対称になってしまっても、施術前にエステティシャンにシェービングとして形を修正してもらえるサロンも多いので安心してください。

手の届きにくいOライン周辺の部位は、シェービングしてもらえるところがほとんど。

無理に剃ろうとして誤って肌を傷つけるよりは、サロンに委ねましょう。

しかし、明らかに手が届く場所であるのに故意に自己処理をしていないと思われる部分に対しては、一般的にその部分の脱毛を中止または有料のシェービングとなるので注意が必要です。

また、毛を剃るという行為は皮膚の表面が削れ、少なからずダメージを負った状態になるので、しっかりと保湿をしておきましょう。

VIO脱毛の前処理って必要なの?正しい自己処理のやり方は?VIO脱毛の前処理はどの程度剃っていけばいいの?どうやって自己処理すればいい?施術に行く前に必要なVIO脱毛の前処理や正しいやり方や注意するポイントを紹介します!事前処理をしっかりしていけば、よりvio脱毛の効果を実感できますよ!...

脱毛前の自己処理は気をつけることが多く、集中して行う必要があり、意外と時間がかかってしまうものです。

自己処理に手間取って当日の予約時間に遅刻となると、脱毛サロンではキャンセル扱いになってしまいます。

せっかくの努力が台無しですよね。

そのようなことがないように、時間には十分余裕を持って自己処理を終わらせておくよう心がけましょう。

VIO脱毛当日!施術直前のエチケットを心がけよう!

いよいよVIO脱毛当日、施術の直前も気を抜かず最終チェックです。

施術する側とされる側、お互いが気持ちよく脱毛を行うためのエチケット。

服を脱いで専用のショーツに履き替える際に、生理になってないかの確認をしましょう。

さらに、備え付けのウェットシートでデリケートゾーンを綺麗に拭いておきましょう。

vio脱毛は気をつけることが多く、少し大変に思ってしまうかもしれませんが、それは綺麗になるための投資。

努力しただけ効果が出ると信じ、頑張りましょう!

VIO脱毛で理想のデリケートゾーンを手に入れ、今よりも快適に、おしゃれも存分に楽しんでくださいね。

 class=

人気部位のVIO脱毛!自分で手入れをするのは難しいのでサロンでの脱毛がおすすめです。

VIOはデリケートゾーンなのでどこの脱毛サロンがいいのか慎重に選ぶ必要があります。

回数や効果、料金からどこの脱毛サロンがいいのかランキング形式で見てみましょう!

ランキングはこちら