顔脱毛

整形しても顔脱毛できる?脱毛サロンや医療脱毛クリニックの見解は?

「整形しても脱毛できる?」と悩んでいる人はいませんか。

美容整形していると施術が断られる場合もあるので、脱毛前にチェックしておくことをお勧めします。

こちらでは整形した人が顔脱毛をできるのか、NGになる場合はどんな理由かについてまとめました。

脱毛サロン医療脱毛クリニックそれぞれの対応や、手術跡、傷跡などの美容整形以外はどうなのかを詳しく解説します。

整形をした部位・その周辺は脱毛できる?理由を解説

結論からいうと、整形をした部位やその周辺は、ほとんどのサロンやクリニックで脱毛することができません

たとえば、まぶたを手術した方はまぶただけではなく、おでこの施術を受けることができませんし、、隆鼻術をした方は鼻下の施術がNGになるなど、周辺部位も含まれます。

なぜ整形した部位以外の脱毛もできないかというと、一般的に美容整形をした部位は傷跡と見なされますが、脱毛の照射をすると毛だけでなく、この傷跡にも熱のダメージを与えてしまう可能性があるからです。

また手術後の皮膚は、他の皮膚より新しく薄いため脱毛の負担がかかりやすいこともあげられます。

整形して顔脱毛するリスク

整形した跡(傷跡)はもともと炎症を起こしていますが、熱のダメージでさらに状態が悪化したり、メラニン色素の増産につながって色素沈着を引き起こしたり、整形部位が硬くなってしまうなど、さまざまなトラブルが生じる恐れがあります。

またシリコンを入れている場合は、照射の熱が反応して急激に熱を帯びることから、顔脱毛全体がNGになる可能性が高いです。

整形した人は脱毛前に相談を

すべてのサロンやクリニックで施術NGになるわけではありませんが、リスク回避の観点から、必ず脱毛サロンやクリニックで申告をして、問題ないか確認してから施術してもらうようにしましょう。

美容整形と脱毛をどちらを先にしようか迷っている人は、脱毛をしてから美容整形する順番をおすすめします。

整形して脱毛サロンでは顔脱毛できる?

脱毛サロンでは、整形した人が顔脱毛を断られるケースが多いです。

たとえば銀座カラーでは「整形手術の箇所」がお手入れ不可、ラココでは「整形手術の箇所と周辺部位」がお手入れ不可になります。

公式サイトのQ&Aページに掲載されている場合があるので、気になるサロンをチェックしてみるのもおすすめです。

医療脱毛クリニックでは顔脱毛できる?

ほとんどの医療脱毛クリニックでは、顔脱毛ができるかどうかが公式サイトに掲載されていません。

そこで心配なことも質問できる、無料カウンセリングで医師に施術可能か聞いてみるのがよいでしょう。

中には整形した人でも脱毛が受けられるクリニックもありますので、肌状態や整形跡の状態を見せながら相談して不安を解消していきましょう。

手術跡・傷跡も施術ができないこともある

そのほか、手術跡や傷跡も施術できないことがあるので注意しましょう。

ただし小さな傷であれば、シールなどで保護して脱毛することが可能なので、すべてがNGになるわけではありません。

傷が治っていても色素沈着の度合いによっては、やけどに繋がる可能性があるため脱毛が断られることもあります。

どの程度の傷ならばOKになるかはサロンやクリニックによってその基準が異なり、見て判断する場合が多いので、カウンセリングで確認してもらいましょう。

歯の治療中の人も注意!

整形だけでなく、歯の治療中で異物を口の中に入れている人も注意が必要です。

インプラントを入れている人は、金属製、シリコン製のどちらも脱毛の照射を与えるとインプラントが急激に熱くなって危険なため、脱毛することができません。

また虫歯の治療で銀歯がある人や、歯列矯正をしている人も、照射の熱が反応する場合があるので注意が必要です。

歯列矯正をしている人は矯正器具が取れるまで脱毛をすることができませんが、詰め物の場合はカバーを当てて脱毛することが可能なこともあるので、顔脱毛前には申告して確認しておくとよいでしょう。

歯の治療中に顔脱毛すると銀歯・虫歯・矯正中の人への影響はある?歯の治療中に脱毛サロンで顔脱毛を受けて何かトラブルが起きないか心配な人もいるでしょう。ここでは虫歯・銀歯・矯正・インプラントなど治療中に顔脱毛しても大丈夫か解説していきます。...

整形していても顔脱毛できるかはカウンセリングで聞いてみよう

整形した箇所に脱毛したい場合、をすると、多くのサロンやクリニックで顔脱毛をすることはできません。

その理由は照射の熱が手術の後に反応し、状態が悪化するなどのリスクがあるためです。

しかし中には脱毛可能な場合もあるので、整形したことを隠さず、カウンセリングで聞いてみることをおすすめします。

ほかにも手術跡・傷跡・歯の治療中の方は脱毛NGになることがありますが、保護シールやカバーを使うことで脱毛ができる場合もあるので、まずは相談してみることが大切ですね。

安全にきれいになるために、サロンやクリニックに相談しながら顔脱毛を進めましょう!