顔脱毛ランキング

顔脱毛で乾燥したくない!やるべきケアとおすすめ脱毛を紹介!

見た目一印象の決め手となる「顔」。
女性にとって、日々の顔のお手入れは不可欠なものです。

口の周りに生えたヒゲが気になっている人、化粧ノリをよくするために産毛を自己処理している人も多いでしょう。

脱毛サロンで顔脱毛をすると、そんな手間がかからずツルツル肌になれます。
しかし「顔脱毛をすると肌が乾燥する」という声を耳にしたことはありませんか?

顔脱毛と乾燥の気になる関係、そして顔脱毛にピッタリの施術ができる脱毛について解説していきます。

肌の潤い対策も紹介していますので、乾燥に悩んでいる人も是非参考にしてみてください!

顔脱毛直後はなぜ乾燥するの?

実は、顔に限らず脱毛後の肌は乾燥しやすい状態になるのです。

一般的な脱毛法では、高温の熱を照射して処理するため肌の水分量を奪ってしまいます。
紫外線を浴びて日焼けした肌がカサカサしてしまうのと同じですね。

また、脱毛することで毛穴が収縮します。
毛穴が目立たなくなるのはいい事ですが、皮脂の分泌量が減ってしまうため肌の保水機能が落ちてしまうのです。

顔の皮膚はデリケートなため熱による乾燥ダメージを受けやすく、また皮脂分泌量が活発なので油分が不足するとすぐに潤いが無くなってしまいます。

乾燥は肌トラブルの元!

乾燥は、ただ肌がカサつくだけではありません。
シミやシワの原因にもなり、また肌の生まれ変わりを促すターンオーバーを乱してしまいます。

そのため古い角質が蓄積し、くすみやシミも目立つようになるのです。

美肌を目指して顔脱毛をしても、乾燥を招いてしまっては美肌どころか肌トラブルを引き起こしてしまいますね。

前後の保湿が大事!乾燥から肌を守るケア

美しい肌のために欠かせないのが「保湿」です。

女優やモデルなど若さと美しさを保っている人達は、とにかく保湿を重視していますね。

脱毛による乾燥から肌を守るために大事なのは、施術前後の適切な保湿ケアです。

脱毛によって減った皮脂分泌量が元の通りに落ち着くには、2週間以上はかかってしまいます。
その間放置していては、乾燥による肌トラブルは進行してしまうでしょう。

では、脱毛による乾燥から肌を守る保湿ケアのポイントをみていきましょう。

  • 施術2週間前から念入りな保湿ケア
  • 施術2週間前からの念入りな保湿ケア!
    施術の後にケアすればいいんじゃないの?と思うかもしれません。

    しかし、脱毛による乾燥を軽減するためには肌のコンディションを整えておくことは大事です。

    しっかりと保湿された水分と油分のバランスの取れた肌なら、脱毛機器の熱によるダメージを受けにくいでしょう。

  • しっかり泡立てて優しい洗顔
  • 脱毛後の肌は、施術のダメージを受けて敏感に傾いています。
    洗顔でゴシゴシ洗ってしまっては、デリケートになっている肌を痛めてしまいますね。

    普段は洗顔ブラシなどを使っている人も、脱毛後は洗顔料などをしっかり泡立てて優しく洗いましょう

  • 低刺激な保湿剤を選ぼう
  • 使用する保湿剤なども、なるべく低刺激なものを選ぶようにしてください。

    高機能な美容成分が入ったものより、敏感肌や乾燥肌用のもの、成分が自然由来のシンプルなものがおすすめです。

  • 化粧水はたっぷり!蓋をして!
  • たっぷり水分を与えてしっかり蓋をする、チャージ&シールドが大事なポイント!

    化粧水は、顔がひんやりするくらい重ね付けするようにしましょう。
    最後に手のひらで温めた乳液やクリームなどで、しっかりと水分を閉じ込めます。

脱毛するなら保湿は必需!脱毛効果を高めるためには大切です脱毛中は普段以上に保湿をする必要があります。その理由は何なのか、代表的な脱毛サロンでのアフターケアはどうなっているのかについてお話ししています。...

顔脱毛におすすめな「ハイパースキン脱毛」とは?

脱毛の施術は少なからず肌を痛めたり乾燥したりさせますが、脱毛方法によってもその程度は異なります。

中でも、最も肌に優しいといわれている「ハイパースキン脱毛」は、顔脱毛におすすめしたい脱毛法です。

ハイパースキン脱毛って?

ハイパースキン脱毛は、脱毛サロンで行われる光脱毛(フラッシュ脱毛)の一種です。

その大きな特徴は、子どもの肌でも脱毛可能なほど肌への負担が少ない点です。
負担がないから痛みも少なく、ハイパースキン脱毛は「痛くない脱毛」として人気を集めています。

ハイパースキン脱毛の仕組みや詳細を、光脱毛の主流であるIPL脱毛と比較してみましょう。

ハイパースキン脱毛 IPL脱毛
熱さ 36~38℃程度 高温(60~80℃程度)
照射ターゲット バルジ領域 毛根・毛乳頭
施術サイクル 2~4週間に1回 2~3ヵ月に1回
産毛 効果あり 効果なし
日焼け・シミ 施術できる 施術できない

まず、ハイパースキン脱毛では36℃前後というぬるいお風呂くらいの熱さしかありません。

照射する範囲であるバルジ領域には、発毛因子が存在しています。
バルジ領域は、毛乳頭よりもずっと浅い表皮近くにあるので高い熱は必要ないのです。

また、IPL脱毛は毛根のメラニン色素に反応するので、日焼けやシミなどは火傷の危険があるため照射することはできません。

しかし、ハイパースキン脱毛はメラニン色素は関係ないので日焼け肌やシミがあっても問題ないのです。

IPL脱毛やSSC脱毛ではなかなか効果の得られない産毛も、ハイパースキン脱毛なら効力があるのも嬉しいですね!

ハイパースキン脱毛は効果がないって本当?光脱毛との違いについて徹底解説光脱毛とは一線を画しているハイパースキン脱毛。どのような仕組みで脱毛するのか、効果がないと言われるのはなぜか、お肌の弱い人にも施術できる理由、施術が受けられるサロンの情報などをご紹介しています。...

ハイパースキン脱毛を受けられる脱毛サロンは?

高温不要なので肌の水分を奪わず産毛にも効果がある、ハイパースキン脱毛の特徴は顔脱毛にとってメリットしかありません。
しかし、ハイパースキン脱毛を採用している脱毛サロンは、かなり限られています。

大手脱毛サロンではディオーネだけなので、他の脱毛サロンに通っていても顔脱毛だけはディオーネでやっているという人もいるほどです。

ディオーネは、痛くない脱毛として知られる敏感肌専門の美肌脱毛サロンです

その肌への優しさは、3歳の女の子でも安全に子供脱毛できるという症例で実証されています。
また、アトピーやニキビで悩んでいる人でも安心して施術をうけることができるのです。

さらに、ディオーネのハイパースキン脱毛ではエステサロンの美顔機器にも使われている「フォト美顔」の光が約3割も含まれています。
脱毛をしながら、エステ並みのケアで肌の細胞を活性化!

顔脱毛をするなら、安全で痛みもなく美肌までも手に入るディオーネを選ばない理由はありませんね。

ディオーネ公式ページ

顔脱毛は肌が敏感なため、強い光を照射してしまうと、赤みなどを引き起こして肌トラブルを起こす可能性があります。

そうならない為にも、まずは顔脱毛を体験できる脱毛サロンがあるので、体験コースから始めてみてもいですね。

医療脱毛では、顔を永久脱毛できるので完全に脱毛完了を目指したい方は医療クリニックがおすすめでしょう。

保湿ケアと肌に優しい脱毛法で美肌になれる顔脱毛を!

顔脱毛をすると毛穴も目立たなくなり、化粧ノリもよくなるといわれます。
しかし通常の脱毛で行うならば、乾燥を防ぎ改善するための注意点をしっかり守らなければいけません。

ディオーネのハイパースキン脱毛なら、敏感な部分もほぼ痛みを感じず施術を受けることができます。

肌荒れを起こしてしまっては一番困る顔脱毛には、ディオーネの優しい美肌脱毛がおすすめです。

脱毛後の保湿ケアは丹念に、そして普段から潤いを逃さないための保湿習慣を心がけることで脱毛や他の外的ダメージに負けない肌を育てていきましょう!

産毛への効果が高くて人気!顔脱毛でおすすめの脱毛サロンランキング数ある脱毛サロンの中でも顔全体を脱毛できるところは限られています。顔脱毛はメリットが多いので鼻下やアゴだけでなく頬やオデコなど顔全体を脱毛するのがおすすめです。こちらでは顔脱毛でおすすめな脱毛サロンをランキングでご紹介します。...