銀座カラー

銀座カラーの剃り残し対応は厳しい?シェービング料金は必要なのか

剃り残しがあるとサロンによっては追加料金がかかるので、不安に感じてしまいますよね。

そこで今回は、通い放題が人気の銀座カラーの剃り残し対応について徹底調査しました!

銀座カラーで剃り残しがある場合、シェービング料金はかかるのか、無料範囲の部位、自己処理はいつまでにどの程度していったらいいのかなど、剃り残しについてわかりやすく解説します。

銀座カラーで剃り残しがあったときの対応。料金はかかる?

銀座カラーで剃り残しがあった場合、手の届かない部位は無料でシェービングをしてもらうことができます

このシェービングサービスは全身脱毛コースのどの回数プランでも、月額払いでも、一括払いでも、同じ無料対応です。

手の届かない部位以外のパーツで剃り残しがあると避けて照射をすることになりますが、追加料金はかかりません

ほかのサロンでは、剃り残しに1部位あたり1,000円など追加料金が取られてしまう場合もあるので、銀座カラーは良心的なサロンだということがわかりますね。

顔用の電動シェーバーを持参しよう

シェービングサービスをしてもらうためには、自分の「顔用の電動シェーバー」を持参することが必要です。

顔用電動シェーバーを使うと、細かい毛や産毛などの細い毛もきれいに剃ることができます。

銀座カラーでは、ボディ用シェーバーやカミソリを持っていっても対応してもらえないのでご注意くださいね。

シェーバーをどれにしようか迷ってしまった方は、パナソニックの「フェイスシェーバー フェリエ」がおすすめです。
スティック型で持ち運びしやすく、肌に負担をかけずにささっとお手入れすることができます。

もしお手入れ当日に忘れてしまったら、サロンで購入することもできますが、フェリエ本体3,300円と電池代100円がかかってしまい、相場よりも高額になってしまうので注意が必要です。

自分のシェーバーを忘れずに持っていくようにしましょう。

詳細ページ公式ページ

銀座カラー無料範囲として対応してもらえる部位

銀座カラーで無料範囲として対応してもらえる部位は、自分で手の届かない「えりあし」「背中」「ヒップ」「ヒップ奥」の4ヶ所です。

鏡を使っても見づらい範囲をシェービングしなくてはいけない場合、友人や家族にお願いしなくはいけないなど負担も大きいので、追加料金なしでシェービング対応してもらえるのはありがたいですね!

デリケートゾーンのvioも、Oライン(ヒップ奥)だけはシェービング対応してもらえます。
それ以外の箇所はシェービング対応してもらうことができないので、丁寧に自己処理していきましょう。

リーズナブル脱毛コースは有料
ちなみに現在の全身脱毛コースでは追加料金なしでシェービング対応してもらうことができますが、それ以前に提供されていた「リーズナブル脱毛コース」で契約している方は当てはまらないのでご注意くださいね。

「リーズナブル脱毛コース」の場合、背面(えりあし、背中、ヒップ、ヒップ奥)のシェービング代をお願いすると1回3,000円かかります。

もちろん家族や友人にお願いして背面も自己処理していけば、追加料金はかかりません。

シェービングを持参する必要があるのと、剃り残し部分はほかのコースと同様に避けてお手入れとなることも注意が必要です。

同時期に提供されていた「スピード脱毛コース」で契約されている方は、シェービングサービスを無料で受けられます。

銀座カラーの自己処理はいつまでしていけばいい?

自己処理は、前日までに済ましておきましょう。
3mm以下であれば剃り残しと判断されないので、ツルツルの状態にしなくても大丈夫です。

1〜2mmほどの状態になるように自己処理していけば問題ないので、2日間に分けて丁寧に処理すると剃り残しがなくなるでしょう。

ムダ毛の自己処理するときは、出来るだけ明るい照明のある部屋で行うのがおすすめです。

お風呂場で処理する方が多いかもしれませんが、薄暗い中でシェービングをすると特に産毛は目立たず、剃り残しに気づくことができません。

なるべく明るい場所で、いろいろな角度から確認しながら処理をし、剃り残しを防ぎましょう。
このとき毛抜きやワックスを使うのはNGです。

光脱毛は毛根にダメージを与えることで脱毛する仕組みなので、毛抜きやワックスで毛根から引き抜いてしまうと、銀座カラーの効果自体がなくなってしまいます。

必ず電動シェーバーを使って自己処理するようにしましょう。

詳細ページ公式ページ

銀座カラーの剃り残し対応は追加料金がかからず安心!

銀座カラーの剃り残し対応は、追加料金がかからず安心して施術を受けることができます。

手の届かないえりあし、背中、ヒップ、ヒップ奥の4ヶ所は無料でシェービングサービスをしてもらうことができるので、電動シェーバーを持参しましょう。

ただし以前提供されていた「リーズナブル脱毛コース」で契約している方は、背面のシェービングサービスが有料となるのでご注意くださいね。

自己処理は前日までに、3mm以下になるように自己処理できれば問題ありません。
剃り残しで施術を避けられないように、丁寧に自己処理していきましょう!
詳しくは銀座カラーの無料カウンセリングで聞いてみてくださいね。


全身脱毛するなら老舗脱毛サロンの銀座カラーがおすすめ!
顔もVIOも含む全身脱毛の詳しい料金や口コミをご覧ください。
料金プラン公式ページ