数か所脱毛ランキング

ひざ下脱毛はどこからどこまで?脱毛範囲を知らないと後悔するかも

ひざ下脱毛と聞いたとき、ひざこぞうは範囲に含まれるの?という疑問が湧きますね。

また両脚なのか片脚なのかということも気になります。

多くの脱毛サロンや医療脱毛クリニックでは、ヒザ下に「ヒザ自体」は含まれません。

ひざより下~足首までというサロンが多くなっています。

わかりやすくいうと、すねとふくらはぎです。

ひざそのものやひざ周りを脱毛したい場合は、ひざ下ではなく別で契約することになります。

一般的にはひざ下はラージ(L)パーツ、ひざこぞうはスモール(S)パーツとして扱うところが多いようです。

ひざ下脱毛は何回くらいで効果が現れるの?

ヒザ下脱毛が完了するまでには、脱毛サロンでは10回前後、クリニック永久脱毛では5回前後の施術が必要になると思っておくといいでしょう。

回数には個人差がありムダ毛の濃さや本数によって大きく変わります。

一般的に「お手入れが楽になってきたな」と感じるのは、施術が4回終了したころからです。

ひざ下の毛はワキほど太くないため、ワキ脱毛ほどの痛みは感じません。

また、一度きれいになると効果が持続しやすくツルツルになったと感じやすい場所ですので、挫折せず最後まで続けられる人が多いです。

脱毛の効果が出るには何回通えばいい?部位別で変わる回数の目安脱毛は何回すればツルツルになるの?という素朴な疑問にお答えしています。また部位によって異なる毛周期や、ワキ・手足・顔・VIOなどの目安回数などについてもお話ししています。...

ひざ下脱毛ができる脱毛サロン

部分脱毛のヒザ下脱毛ができる、人気の脱毛サロンをご紹介します。

足だけ、ヒザ下だけ徹底的に脱毛したい方は参考にしてくださいね。

ミュゼ


ミュゼでは、フリーセレクト美容脱毛コースで、ひざ下とひざ上を選択することができます。

どちらもLパーツ扱いで、4回セットの料金設定となっています。

予約日時に制限のないレギュラープランと、平日時間限定のデイプランから、自身にあった通い方を選ぶことができます。

詳細ページ公式ページ

銀座カラー


銀座カラーでひざ下脱毛を含むコースは、スタンダードチョイス・足全セット・全身ハーフ脱毛・新全身脱毛・全身パーフェクト脱毛です。

太ももからつま先まで足だけを脱毛したいなら、足全セットがおすすめです。

一年間で最大6回の施術ができ、自分に合わせた回数を選択できるセットとなっています。

詳細ページ公式ページ

エピレ


エピレでは、好きな部位から選べるチョイスプラン・全身トータルプラン・セレクトプランからひざ下脱毛を選ぶことができます。

パーツの分類では、両ひざ下と両ひざ上はLパーツ、ひざはS パーツとなっています。

自身にあった回数を選べますので、きれいになるまで施術してもらうことができますよ。

エピレ公式ページ

ジェイエステ

ジェイエステでは、脚2箇所プランを利用すると、両ひざ下とひざを4回お得な料金で脱毛できます。

またうで・あし脱毛やまるっと全身脱毛プランでも、脚を全体的に脱毛することが可能です。

ジェイエステ公式ページ

ディオーネ


ディオーネでは、レッグメニューにひざ下が含まれています。

レッグメニューには全12回コースとショートコースがあり、料金が異なっています。

また好きなパーツを組み合わせて脱毛できるコースにも、ひざ下はLパーツとして組み込むことができます。

ちなみにディオーネはキッズ脱毛もあるので、小学校3年生までのお子さんは割引で脱毛することができますよ。

ディオーネ公式ページ

子供脱毛って知ってる?小学生や中学生でも安心して通える脱毛サロンをご紹介大人の脱毛サロンはたくさんありますが、小さな子供の脱毛を扱っているサロンは限られてきます。こちらでは子供脱毛の注意点や選び方について、さらにおすすめの子供脱毛サロンについてご紹介しています。...

ひざ下脱毛の範囲を知り、納得の上で施術を受けよう!

ひざ下脱毛には、ひざそのものは含まれていません。

ひざ下脱毛を終えても、ひざだけ黒い毛が生えていて目立ってしまうという声がありますので、気になる人はひざやひざ上の脱毛もあわせて脱毛しておくといいでしょう。

毎年薄着の季節になると、カミソリや毛抜きでひざ下脱毛を自己流でしているという人がたくさんいます。

そのたびにお肌が傷つき、ムダ毛が太くなりジョリジョリしてしまう人も多いですね。

それだけでなく、自己処理は埋没毛や毛嚢炎の原因にもなってしまいます。

ワキ脱毛VIO脱毛に比べると優先度は低いかもしれませんが、気兼ねなくおしゃれをしたいなら、そしてエンドレスな自己処理の手間から解放されたいなら、ひざ下はぜひ脱毛を検討したい部位だといえます。

サロンやクリニックで脱毛したとき「ひざ自体も含まれていると思っていました」などとあわてなくて済むように、検討している脱毛施設のひざ下脱毛の範囲をしっかりと把握しておきましょう。

そしてもしミニスカートやショートパンツを履く機会が多いなら、ひざ脱毛に加えひざやひざ周りなども一緒に脱毛していくのがおすすめです。

気になる数カ所だけを安くお手入れ!部分脱毛おすすめランキング-エピワン数か所選んで部分脱毛するならどの脱毛サロンがおすすめなのかランキングで掲載中!全身脱毛よりも料金が安く早く終わるので賢く選んでキレイに脱毛しちゃいましょう!...