顔脱毛

ほくろがあっても顔脱毛は可能!薄くなる理由や影響について

顔産毛の自己処理から解放されたい」「化粧のりをよくしたい」などの理由から、顔脱毛は人気や注目を集めています。

しかし、脱毛したい部位にほくろがあった場合、顔脱毛の施術が可能なのか疑問に思う人は多いのではないでしょうか。

ほくろがあっても顔脱毛ができるのか、脱毛の施術がほくろに及ぼす影響など、詳しくリサーチしましたので参考にしてみてくださいね。

顔にほくろがあっても顔脱毛は可能!

「顔にほくろがあったら、施術を断られてしまうのではないか」と心配に思うかもしれませんが、ほくろがあっても顔脱毛は可能です。

しかし、ほとんどの脱毛サロンでは施術のメカニズムから、ほくろへの直接照射はNGとしています。

なぜなら、脱毛サロンの光脱毛機は、メラニン色素の黒色に反応して毛根にダメージを与え脱毛を行なっているので、メラニン色素の多いほくろに照射してしまうと熱が集まって、やけどなどの深刻な肌トラブルの原因にもなるため直接照射は行われていません。

つまり、ほくろを避けて照射するため、ほくろがあっても顔脱毛は可能なのです。

SHR脱毛や肌に優しいハイパースキン脱毛ならほくろがあっても上から照射できますよ!

ほくろがあった場合の顔脱毛対応

顔にあるほくろへの対処は、ほくろの大きさや濃さ、密集しているのかなどの条件で変わってきます。

  1. ほくろを避ける
  2. ほくろを分かりやすいように特別なペンでマーキングし、そこを避けながら照射していく方法です。

    ほくろから話して照射していくので、その周りの毛は脱毛ができないのが難点。

  3. ほくろをシールで保護する
  4. ほくろ部分にシールを貼り、保護した状態で照射をします。

    光脱毛機の光を遮る効果のあるシールなので、ほくろの上からでも照射が可能です。

    ほくろが密集していて、避けながらの照射が難しい部位に有効な方法といえるでしょう。

  5. 光脱毛機の出力を下げる
  6. ほくろが小さかったり薄い場合には、脱毛機器の出力を下げることで、ほくろを保護することなく施術ができることもあります。

    顔脱毛時のほくろの対処は自己判断ではなくサロンの判断になりますので、カウンセリングできちんと確認しておくとよいでしょう。

💡ポイント

自宅で家庭用脱毛器を利用して自己処理を行う場合にも、ほくろ部分の照射には注意が必要です。

思わぬ肌トラブルのリスクを伴いますので、けっして自己判断でほくろに照射したりせず、『避けて照射』または『シールで保護して照射』を守ってくださいね。

シールは100均で売っているような丸い形のシールで大丈夫ですよ!

ほくろの対処は脱毛サロンによって異なる!

脱毛サロンでは、ほくろへの対応をどのようにしているのか、いくつかの脱毛サロンをピックアップして紹介します。

恋肌

全身脱毛の総額が安い恋肌は、ほくろがあっても顔脱毛が可能であり、サロンの判断によってほくろにテープを貼って施術を受けることが可能です。

しかし恋肌ではIPL脱毛を採用しているので、黒くて濃いメラニン色素に反応して脱毛していく方法になりますので、必ずシールが必要になるかもしれません。
詳しくは恋肌のカウンセリングで聞いてみましょう!

詳細ページ公式ページ

銀座カラー

全身脱毛が通い放題できる銀座カラーでは、ほくろを避けて照射するか、ほくろが多い箇所には保護シールを貼るなどの対応をとってから施術を行います。

銀座カラーもIPL脱毛を取り扱っているので、銀座カラーのカウンセリングでしっかり聞くようにしましょう。

詳細ページ公式ページ

ストラッシュ

脱毛完了が早いストラッシュは、SHR脱毛を採用している脱毛サロンです。

SHR脱毛はメラニン色素に反応する従来の光脱毛と異なり、毛の成長を指示するバルジ領域にダメージを与えるので、メラニン色素の有無に施術が左右されないのが特徴の脱毛方法となります。

つまり、メラニン色素を多く含むほくろ部分の照射も可能なので、「顔にほくろが多くて施術が心配」という人にもシールを貼らずにそのまま照射できるのでおすすめのサロンです。

タトゥーが入っていても照射可能なのはストラッシュだけですよ!

詳細ページ公式ページ

脱毛ラボ

全身脱毛の月額が安い脱毛ラボでは、一般的な光脱毛であるSSC脱毛機と、メラニン色素を気にせず使用できるSHR脱毛機の両方を導入しています。

ほくろのある顔脱毛の場合、SSC脱毛ではほくろを避けるかシールを張るかの照射になりますが、SHR脱毛ではほくろの上からでも照射が可能です。

あらかじめ脱毛ラボのカウンセリング時に確認しておくとよいでしょう。

詳細ページ公式ページ

ほくろの脱毛にはどんな方法がある?

メラニン色素に反応する光脱毛機を使用する場合、ほくろに照射することはできませんが「どうしてもほくろに生えた毛が気になる」ということもあるでしょう。

ほくろの毛を自己処理する際は、カミソリで剃ったり毛抜きで抜いたりすることは避け、ハサミでカットするようにしましょう。

ほくろはデリケートな部位なので、カミソリや毛抜きでのダメージが大きく、肌トラブルの原因になってしまうからです。

「自己処理は面倒」という場合の対処法として、ニードル脱毛という方法もあります。

ニードル脱毛は、毛穴に電流を通すことで毛根を破壊する脱毛方法で、ほくろに生えた毛の脱毛にも有効です。

しかし、ニードル脱毛は、痛みが強い・施術に時間がかかるなどのデメリットもあることを覚えておきましょう。

顔脱毛でほくろが増えるor減る?

シミの治療にも使用されている医療脱毛のレーザーをほくろに照射すると、ほくろが薄くなったり消えるという効果が期待できる場合もあります。

しかし、シミ治療と脱毛での出力は異なり、ほくろの大きさや形状によっては照射できないので、カウンセリングで確認するとよいでしょう。

逆に、「顔脱毛でほくろが増えてしまうのでは」という疑問もよく耳にしますが、脱毛行為によってほくろが増えることはありません

なぜなら、ほくろが発生する原因は、紫外線やホルモンバランスの変化などが挙げられますが、光脱毛機に紫外線は含まれておらず、光の照射で体のホルモンバランスが影響を受けることもないからです。

しかし、施術後のデリケートになっている肌が、乾燥や紫外線などの影響を受けることによって、ほくろが増えてしまう可能性はあります。

したがって、脱毛期間中は保湿による乾燥対策と、日焼け止めや日傘を利用しての紫外線対策をしっかりと行いましょう。

気を付けたいのが、肝斑がある場合の顔脱毛です。

肝斑は通常のシミと違い、紫外線だけでなく、脱毛施術の刺激でも増えたりひどくなってしまうリスクがあります。

そのため、肝斑のある部位には照射することができませんので、まずは肝斑の治療を受けてから脱毛を行うようにしましょう。

ほくろがあっても顔脱毛はできる!まずはカウンセリングで相談しよう

ほくろがあっても顔脱毛の施術を受けることが可能です。

しかし、脱毛サロンの光脱毛のようにメラニン色素に反応させる脱毛法では、やけどなど肌トラブルのリスクがあるため直接ほくろに照射することはできませんので、ほくろを避ける・シ一ルで保護するなどの対処をとってから施術を受ける必要があります。

また、脱毛によってほくろが増えたり大きくなることはありませんが、施術後の保湿対策や紫外線対策を怠ってしまうと、肌がダメージを受けてほくろの原因になってしまいますので気をつけましょう。

もしかしたらほくろが消えたり薄くなったりする可能性もあります

ほくろ部分に対する処置はサロンによって異なりますので自己診断せずに、まずは施術を受ける脱毛サロンのカウンセリングで相談し、きちんと確認しておくと安心ですよ。

 class=

顔脱毛するならどの脱毛サロンが安くておすすめなのか?

エピワンがランキング形式でご紹介しますので、顔脱毛をご検討中の方はぜひ参考にしてみてください。

ランキングはこちら