ミュゼプラチナム

ミュゼの剃り残しの対応は無料?シェービング対応を詳しく解説します!

ミュゼを利用するとき、気になるのが剃り残しがあった場合のシェービング対応ですよね。

シェービング代がかかるのかどこまでの範囲が無料対象なのかというのは、非常に重要なポイントなのでしっかりチェックしていきましょう。

ミュゼで快適に脱毛するため、剃り残しに対する対応と、予約当日のムダ毛処理で気を付けたいポイントも紹介します。

ミュゼのシェービングの料金は?


有料のシェービングサービスを行う脱毛サロンが多いなか、ミュゼのシェービング料金は無料です。

脱毛料金以外に、追加料金がかからないのは嬉しいポイント!

ミュゼは当初から無料のシェービングサービスを行っていましたが、細かい決まりは2014年に変更されています。

それまでは事前処理していない場合でも無料でシェービングしてもらうことができましたが、今は事前処理をしてこなかった場合、施術を受けることができません。

予約日の2日前か前日までに、しっかりムダ毛処理をしておきましょう。

また無料で対応してくれる箇所は限られており、すべての部位を無料でシェービングしてくれるわけではありません。

剃り残しが多いとシェービングに時間がかかるうえに、サロンスタッフの負担が増えてしまいます。

1回の脱毛で確保されている時間は決まっているので、施術以外にもシェービングの時間が含まれると、次のお客さんの時間に間に合わなくなってしまうなどのトラブルが起こる可能性があります。

事前処理ではなるべく時間をかけ、回数を増やして、剃り残しがないようしっかりムダ毛処理しておきましょう。

ミュゼの予約方法は?予約が取れない場合の対処法を解説します「ミュゼはどんな方法で予約できるの?」という疑問を解消します。またスムーズに予約を取る方法、予約が取れないときの対処法も紹介しているので、予約が取れないと悩んでいる方も是非参考にしてみてくださいね。...

詳細ページ公式ページ

ミュゼのシェービングの範囲は?

ミュゼがシェービング対応してくれる範囲は、「襟足・背中上下・ヒップ奥」のみです。

自分で完璧に処理するのが難しい箇所に限り、剃り残しがあった場合はミュゼのスタッフがシェービングを手伝ってくれます。

襟足や背中、ヒップ奥は鏡を使わないと自分では見えない部位なので、無理に処理しようとすると肌を傷つけてしまうことも。

その場合は、無理せずに処理できる範囲だけシェービングしていき、残りはミュゼのスタッフに任せるようにしましょう。

それ以外の部位に剃り残しがあった場合は、該当箇所の照射を避けられたり、施術そのものを断られたりする可能性があります。

自分で処理できる部位に関しては、剃り残しゼロを目指して、細かいところまでチェックしてから当日はサロンに行くようにしましょう。

・剃り残しがあった場合の対応
剃り残しがあった場合は、シェービング対象となっている箇所に関しては、ミュゼの電気シェーバーを使って対応してくれます。

自分の電気シェーバーを使って処理してほしいという場合は、脱毛当日に持参しておきましょう。

使用できる電気シェーバーは、サロンでも販売されているフェリエのフェイス用電気シェーバーです。

ミュゼ以外のサロンでも使用しているところが多く、安全に綺麗にシェービングできるのでおすすめです。

剃り残しがある箇所に対して優しく肌を傷つけないよう、丁寧にシェービングしてくれるので、安心して任せてくださいね。

剃り残りがあったからといって嫌な顔をせずに、気持ちよく対応してくれるのがミュゼの魅力です。

予約当日の自己処理の仕方は?

カミソリや電気シェーバーを使っての自己処理が推奨されていますが、肌に直接刃を当ててムダ毛を剃る行為のため、気を付けていてもやはり少なからず皮膚に対してダメージを与えてしまいます。

表皮は非常に薄く、乾燥した状態で自己処理すると表皮がはがれ、肌内部の水分が蒸発してしまうため肌トラブルが起きやすくなります。

ミュゼでは脱毛前日までの自己処理を推奨していますが自己処理を忘れてしまい、予約当日に自己処理することになった場合、どのような点に気を付ければいいのでしょうか?

ミュゼの予約当日の自己処理のポイントについてチェックしていきましょう!

肌を蒸らして柔らかくしてから!

肌が硬い状態で電気シェーバーの刃を当てると、肌を傷つけてしまう可能性があります。

切り傷やかさぶたがある部分は該当箇所を避けて施術することになるので、安全な方法で自己処理しましょう。

蒸しタオルで肌を蒸らすと、肌が柔らかくなり柔軟性も高まります。

電気シェーバーの刃を当ててもダメージを受けにくくなるため、予約当日でも安全にシェービングすることができますよ。

蒸しタオルは、電子レンジに濡らしてぎゅっと絞ったタオルを入れ、1分ほどかけると簡単に出来上がります。

またお風呂上りも肌が蒸れて柔らかくなっているので、ムダ毛処理にはおすすめのタイミングです。

自己処理前にしっかり保湿ケアをしよう!

乾燥した状態の肌に直接カミソリの刃を当ててしまうと、表皮を削り取る原因になってしまいます。

自己処理を行う前は、乳液やクリームを塗りしっかり保湿ケアしておきましょう。

保湿ケアを行うと、肌の柔軟性が高まり肌が柔らかくなります。

脱毛期間中は毎日保湿ケアをすることで脱毛効果が高まりますが、自己処理前は特に念入りに保湿ケアをしておくと安心です。

脱毛後の保湿も忘れずに行いましょう。

シェービング用のジェルやクリームで皮膚を守ろう!

ムダ毛処理を行うとき、石鹸などを泡立ててシェービングするという方が多いですが、石鹸はカラダの角質や油分を落とすために作られているものなので、シェービングには不向きです。

石鹸の泡を使ってムダ毛処理をすると、表皮の角質が剥がれやすく、肌が乾燥しやすくなります。

ムダ毛処理を行う場合は、シェービング専用のジェルやクリームを使用して、肌を守るようにしましょう。

また雑菌が繁殖しやすいお風呂場ではなく、お風呂から上がった洗面所などでムダ毛処理するのがおすすめです。

シェービング用のジェルやクリームには、肌を保護する成分が配合されているので、肌へのダメージを最小限に綺麗にムダ毛を処理できますよ。

ムダ毛を剃るときは上から下に!

ムダ毛を剃るとき、綺麗に剃れるからとつい毛の流れに逆らって下から上に剃り上げてしまうことはありませんか?

下から上に向かって剃ると毛穴が傷ついてしまう可能性が高く、毛嚢炎や埋没毛、炎症のトラブルを起こしやすくなります。

ムダ毛を剃るときは上から下に向かって剃ることで、肌や毛穴を傷つけることなくムダ毛を処理することができます。

また力を入れ過ぎるといけないので、電気シェーバーやカミソリは肌を滑らせるイメージで、軽く持ちながら使用するように意識しましょう。

自己処理後は化粧水と乳液を塗ろう!

脱毛前に保湿クリームや日焼け止め、制汗剤などを塗ると毛穴に成分が詰まってしまい、毛根まで脱毛の光が届かず脱毛効果を弱めてしまう原因になります。

そのため脱毛当日は肌に何も塗らないようにしなければいけません。

しかし予約当日に自己処理したら、肌の乾燥が気になりますよね。

そのような場合は、毛穴に詰まりにくい化粧水で対応しましょう!

化粧水なら肌の乾燥を防ぎながら、毛穴に詰まりにくく、すぐに蒸発するので、脱毛効果の低下を防ぐことができます。

ミュゼの効果は?何回から効果が出るのか回数や痛みを解説!ミュゼは安いから脱毛効果があるのか心配、...

詳細ページ公式ページ

ミュゼのシェービングは部位によって無料!多少の剃り残しは対応してくれるから安心!

ミュゼのシェービングサービスは、2014年に大きな変更がありました。

それまでは全部位において無料のシェービングサービスを行っていましたが、予約混雑の緩和を目的として、サロン側のシェービング負担の軽減を図りました。

現在は手の届きにくい「襟足・背中上下・ヒップ奥」に限り、剃り残しがあれば無料でシェービングを手伝ってくれます。

有料のサロンも多いなか、多少の剃り残しがあっても寛容に対応してくれるミュゼ、人気の高さも頷けますよね。

自己処理を忘れた場合は、施術自体を断られてしまうため、予約当日であってもしっかり自己処理していきましょう!

ミュゼの脱毛が気になる方は、無料カウンセリングで詳しい話が聞けるので是非予約してみてくださいね。

ミュゼの料金・キャンペーン・口コミ評判を徹底解説!ワキ脱毛だけが安いのは大間違い!どこの脱毛サロンに通うか迷ってしまったら、まずミュゼのお得なキャンペーンを利用して脱毛しましょう。その後ミュゼのお得なコースにチャレンジしてみるといいですよ!今月のキャンペーン情報からコース料金まで、ミュゼについて解説しているので参考にしてみてくださいね。...

無料カウンセリング
はこちら