VIO脱毛ランキング

知っておきたいvio脱毛の注意点!施術の前と後にするべきことは

生理の不快感を減らしたり、お手入れの手間をなくすためにvio脱毛はおすすめです。

しかし、日焼けや脱毛前の前処理が不十分という理由で脱毛を断られたり、追加費用が発生するといったケースもあります。

面倒くさいルールに見えますが、施術前後の注意点はvio脱毛の効果を上げ、肌トラブルを防ぐために必要な事です。

脱毛サロンでvio脱毛を安全に効率よく行うには、どういったことに気を付ければよいのか、自己処理やアフターケアを解説します。

vio脱毛の施術前後の注意点とは

vio脱毛は特に敏感な部位の脱毛です。

肌トラブルを防ぐために、脱毛前後にいくつか注意すべきことがあります。

カウンセリングの時に注意点が説明されるので、しっかり守りましょう。

毛抜きや除毛ジェルを使わない

vioの前や照射の後、毛が抜け切る前は自己処理をしたくなりますが、毛抜きや除毛ジェル・クリーム、脱毛テープやワックスの類は使用しないようにしましょう。

照射の対象となる毛根が無くなってしまうため、脱毛の効果がなくなります

他に色素沈着や埋没毛等の問題があるので、どうしても処理したい人は、肌に負担がかからない電気シェーバーを使用するのがおすすめです。

紫外線はしっかりブロックする

毛に含まれるメラニン色素に照射して脱毛する光脱毛は、日焼けをしていると熱傷の恐れがあるので脱毛することができません。

「デリケートゾーンはまず日焼けしないから大丈夫」と思う人も多いのですが、脱毛サロンの中には全身日焼けをしている人は肌はメラニン色素量が多いとして、vio脱毛も断るところがあるので注意が必要です。

白っぽい服は紫外線が透過してしまうので、濃い色のボトムを着るようにしましょう。

飲んでいる薬を確認しておく

vio脱毛の前に普段飲んでいる薬の中に、抗不安薬、解熱鎮痛薬、糖尿病の薬、抗生物質、真菌の薬等がないか確認してください。

これらの薬を飲んだ状態で照射を受けると、水ぶくれや赤み、かゆみなどの皮膚トラブルが起きる光線過敏症が起きる可能性があるためです。

念のため、他の薬やサプリメントも飲んでいる場合は事前に脱毛サロンに伝え、指示を仰ぎましょう。

当日だけ薬の服用をしなければよい場合と、3日~1週間ほど服用をやめるよう指示される場合があります。

アルコールの摂取は控える

vio脱毛の12時間前後は、飲酒を避けましょう

アルコールには血管を広げ、炎症や痛みを起こす可能性があります。

また、体の水分を奪ってしまうので肌が乾燥して照射によるダメージを受けやすくなるのです。

施術中の体調不良にもつながるので、アルコールが抜けた状態で脱毛サロンに行きたいですね。

アレルギー体質の人は、肌の状態を確認する

アレルギー体質の人は脱毛を断られてしまうのでは、と不安になるかもしれませんが、敏感肌やアトピー性皮膚炎など肌が弱い人でも、ジェルを使うSSC脱毛であれば肌に負担がかからない施術が可能です。

ただし、刺激によって肌が腫れ上がるケロイド体質(真正ケロイド)の人は脱毛が難しく、アトピー性皮膚炎の症状が広い範囲に出ている場合も照射ができないことがあります。

肌にトラブルを抱えやすい人が脱毛サロンに行く場合は、主治医に相談しておくと安心です。

他にvio脱毛の注意点で不安なことがある人は、脱毛サロンに問い合わせをしておくとよいでしょう。

最近は電話やメールの他に、公式ページからチャットで質問が出来るようになっていますので、注意点の細かい部分も確認できますよ。

脱毛サロンに行く前に確認しておくべき注意事項とは?脱毛サロンでは、様々な注意事項が指摘されます。 日焼けや飲酒をしないことや予防接種の後は1週間開けること、生理期間中は避けることなど、脱毛サロンに行く前に注意しておきたいポイントはたくさんあります。脱毛に行く前に確認しておきたい注意事項について知っておきましょう。...

vio脱毛は施術前の自己処理にも注意点がたくさん!

vio脱毛で大変なのは、脱毛前の自己処理です。

自分で望むデザインにカットしておかないとならず、特にIライン(性器周辺)やOライン(肛門周辺)の処理は見えづらくて剃りにくい、という問題点があります。

しかし、剃らないでいると照射の時に、毛のメラニン色素に光が反応しすぎてしまったり、皮膚の中の毛根に光が届かなかったりと、施術の邪魔になるので自己処理が必要です。

どうしてもうまくいかない場合は、担当者に有料で剃ってもらうことも出来ますが、前日までに自己処理をして肌が落ち着いてから照射したほうが、痛みや肌トラブルが起きにくくなります。

vio脱毛の前処理は 皮膚に負担がかからない電気シェーバーで自己処理をしますが、近年では手ごろな値段でデリケートゾーン専用の細身のシェーバーが出てきているので、普通のシェーバーではうまく自己処理ができず、剃り残しが出てしまう人は試してみるといいでしょう。

よく見かけるVラインの他、Iライン、Oライン専用のシェーバーもあり、無理な体勢を取らずとも、しっかり処理でき剃り残しを減らせますよ。

また脱毛サロンによっては、Iライン脱毛、Oライン脱毛のシェービングは無料でしてくれるところもありますので、どこまで処理しておくべきか事前に確認して無理を避けましょう。

脱毛サロンでvio脱毛をした後はアフターケアをしっかりと

脱毛した後の肌は、敏感になっています。

痛みやかゆみ、炎症を起こさないためにもアフターケアをしっかりすることが大切です。

熱いお湯で入浴しない

vio脱毛後の入浴は、38度前後のぬるめのお湯で行いましょう。

熱いお湯に入ってしまうと、皮脂がすべて落ちて乾燥し、赤みやかゆみなどの肌トラブルが生じやすくなります。

保湿ケアをしっかりと

アンダーヘアは、デリケートゾーンの皮膚を守る役割をしています。

脱毛後は保湿が重要です。
乾燥や摩擦から肌を守るために、水分や脂分をこまめに補いましょう

全身に使える低刺激の化粧水や乳液、保湿効果の高い入浴剤を使うことで、vio脱毛の後に埋没毛などが、肌ダメージによって発生することを防げます。

デリケートゾーンの保湿に向く専用の化粧品、を脱毛サロンで購入することも可能です。

自己処理はしない

SHR脱毛(蓄熱式脱毛機による脱毛)等は、照射してから体毛が抜けるまで時間がかかります。

照射直後にシェーバーで剃ってしまうと、照射で刺激を受けた肌がダメージを受け、炎症、かゆみ、色素沈着、埋没毛などの肌トラブルが起きやすくなるので避けましょう。

赤みなどが出てしまった場合は、自己判断で何か塗ったりせずに脱毛サロンにすぐ連絡してください。

生理の時のvio脱毛の注意点

生理中はホルモンバランスの影響で、痛みが強くなったり肌トラブルが起きやすくなったりするので、脱毛サロンでのvio脱毛は行うことができません

「タンポンをつければいいのでは」という人もいますが、血液の中には多くの細菌がいて、万が一経血が漏れてしまうとほかの人に迷惑がかかるのでやめましょう。

生理でも脱毛できる?脱毛サロン別対応と生理前生理中の脱毛への影響生理予定日を避けて予約したはずなのに、施術日に生理が来てしまったら困りますよね。生理中でも脱毛できるのか、脱毛効果に影響はあるのか、脱毛サロン別の対応など、知りたい情報を詳しくまとめています。 ...

vio脱毛の注意点を守れば脱毛がスムーズに終わる!

色々注意しないといけないことがあると、面倒くさいと思ってしまいそうですが、vio脱毛は注意点を守ることで、スムーズに照射を完了することができます。

特に、脱毛前の自己処理で剃り残しがあると、費用が上乗せされてしまうことがあるのでしっかり処理しましょう。

注意点を守ることは、肌に余計な負担がかからず、埋没毛や炎症など、肌トラブルが起きにくくなって脱毛むらもなくなります。

vio脱毛をすれば、自分で剃ってもすぐに生えてきてチクチクする、といった悩みから解放されますので、脱毛前後のケアをしっかりして、お手入れの手間がかからない肌を入手しましょう。

 class=

人気部位のVIO脱毛!自分で手入れをするのは難しいのでサロンでの脱毛がおすすめです。

VIOはデリケートゾーンなのでどこの脱毛サロンがいいのか慎重に選ぶ必要があります。

回数や効果、料金からどこの脱毛サロンがいいのかランキング形式で見てみましょう!

ランキングはこちら