レイビス

レイビスの支払い方法のまとめ!メリットデメリットを知りたい!

レイビスには、現金、クレジットカード、振り込み、美容ローンと支払い方法を選ぶことができます。

それぞれの支払い方法について、メリットデメリット、注意点、支払い時に必要な持ち物、未成年者の場合など、レイビスの支払い方法を詳しく紹介しましょう。

カウンセリング後に契約したらいつまでに支払ったらいいの?

レイビスには、全身脱毛コースや脱毛し放題のセットプラン、部位別脱毛などがあります。キャンペーンも豊富ですが、定期的に変更されるのでカウンセリング時に確認をしましょう。

また、店舗によって提供しているプランが違う場合もあるので、コースの説明や契約料金の見積りを出してもらいましょう。

カウンセリング後に契約をする場合は、その場での支払いが可能です。

ただし、ローンの場合は審査が必要なので、当日支払い方法が決定しない可能性もあります。

一度家に持って帰って考えたい方は、その場で契約しても支払いを後日にすることもできますが、初回の施術日前には支払いを終えなければなりません。

レイビスの各支払い方法まとめ

以前は契約したコース(月額制か回数制)によって選べない支払い方法もありましたが、今では脱毛契約をすると、「現金一括払い」「クレジットカード払い」「振り込み」「美容ローン」の4つから自分に適した支払い方法を選択できます。

現金一括払い

契約したサロンにて申し込み時点や契約時点に、一括で支払う方法です。

【メリット】
  • 手数料がかからない。
  • 他の支払い方法よりも一番安く施術を受けられる。
【デメリット】
  • カウンセリング後すぐに契約した時に手持ちがない場合、後日支払いのため再来しなければならない。
  • 経済的負担が大きい。
【注意点】

手持ちの現金がなくなって他の支払いができなくなることがないように、余裕を持って支払いましょう。

クレジットカード払い
(VISAカード、マスターカード、ダイナースカード、DCカード)

契約したサロンでのクレジットカードでの一括払いになります。

クレジットカードでの分割払いを希望する方は、一括で支払った後、カード会社に電話してリボ払いの申し出をしましょう。

【メリット】
  • クレジットカードのポイントがつく。
  • 高額の現金を持ち歩かずに済む。
【デメリット】
  • 分割回数やカード会社によりますが、高い手数料がかかる。
【注意点】

カード会社によりますが、翌月か翌々月の引き落としとなるので、締め日と支払い月を確認しておきましょう。

振り込み

レイビスの指定口座に料金を振り込む支払い方法です。

【メリット】
  • 高額の現金を持ち歩かずに済む。
  • 店舗に再度支払いに出向かなくて済む。
【デメリット】
  • 振込手数料がかかる場合がある。
  • 振り込むのに手間がかかる。
【注意点】

振込金額には上限があるので、使用する銀行の上限額を確認しておきましょう。

美容ローン

提携している信販会社の審査に通った場合に、利用できる月額払いの支払い方法です。

この中には、支払い月を6ヵ月先に変更できる「スキップ払い」も選ぶことができますが、審査に通らなければ利用できません。

【メリット】
  • クレジットカードを持っていなくても分割払いができる。
  • 月々払いなので、契約時にまとまったお金がいらない。
  • 月々自動で引き落とされるので、払い忘れがない。
【デメリット】
  • アルバイトや仕事をしている収入のある人のみ利用できる。
  • 金利や手数料がかかる。
  • 残高が足りないと引き落とされない。
【注意点】

水道光熱費や携帯代などの延滞があると、審査に通らないかもしれません。

店舗によっては都度払いもできるかも?

都度払いとは、一回毎の支払い方法で現金払いかクレジットカード払いになります。

追加で脱毛したい場合や、好きな部位の単発の施術をする場合には、その都度料金を支払えたら気軽でうれしいですよね。

レイビスでは基本的に都度払いは行っていませんが、店舗によってはキャンペーンで行っている場合があるので、なずは通いたい店舗に確認してみましょう。

契約料金支払い時に必要な持ち物は?

契約を決めている場合や追加契約時にも、以下のものを持参しましょう。

どの支払い方法か迷っている場合は、全てを持参するとよいでしょう。

  • 身分証明書(免許証、パスポート、住基カード、保険証など)
  • 現金(現金払いの場合)
  • クレジットカード(クレジットカード払いの場合)
  • 銀行印(美容ローン払いの場合)
  • 口座情報(美容ローン払いの場合)
  • 勤務先の住所や電話番号情報(美容ローン払いの場合)

二度手間にならないためにも、契約前に持ち物をサロンに確認しておく必要がありますね。

同意書が必要な未年者の支払い方法は?

未成年者がレイビスで脱毛契約をする場合、親権者の同意が必要になります。

公式サイトから同意書がダウンロードできるので、親権者の署名と捺印をしたものを持参するか、親権者と来店してください。

また、高校生以下の場合は、カウンセリング時に必ず親権者が同席しなければならないので、気をつけましょう。

未成年者の場合は親が契約することになるので、上記紹介した支払い方法で親が支払いをしていくことになります。
 

メリットデメリットを理解して自分に合った支払い方法を選択しよう!

全国に展開しているレイビスは、各店舗でのプランやキャンペーンがあるので、カウンセリング時にきちんと支払い方法も踏まえて確認しておきましょう。

これから長丁場になる脱毛スケジュールに集中できるよう、できるだけお金の心配は解決しておきたいものですよね。

レイビスでは自分に適した支払い方法を選ぶことができるので、各支払い方法のメリットデメリットを把握した上で、負担にならない支払い方法を選択できるとよいですね。