顔脱毛ランキング

顔脱毛の施術前に自己処理をする際のコツや注意点をチェック!

脱毛サロンに通っている時、もっとも気を使うのが施術前日の自己処理ですね。

特に顔は産毛が集まっていて自己処理がしづらく、繊細な部分でもあるため、より一層気をつけたい部位です。

ここでは、自己処理をする際の注意点や正しい方法、頻度といった基礎知識をまとめました。

今脱毛部位の中でも人気の顔脱毛を受ける前に、ぜひチェックしてみてください。

脱毛サロンで顔脱毛をする前に注意しておきたいポイント

顔脱毛を受ける際は、前日までに自宅で自己処理をしておく必要があります。

その時、カミソリや毛抜きを使用せず、電気シェーバーを使ってください。

カミソリは、ムダ毛を剃る時に皮膚二も傷が入るため、肌が炎症を起こすリスクがあります。

施術当日に炎症がある場合、施術ができない可能性もあります。

毛抜きについても、カミソリと同じく肌にダメージを与えてしまいますし、毛を抜いてしまうと照射対象であるメラニン色素がなくなってしまうので、脱毛効果が得られません。

また、毛抜きでのムダ毛処理毛嚢炎や埋没毛の原因にもなります。

脱毛をスタートしたら、自己処理にカミソリや毛抜きを使用せず、必ず電気シェーバーを購入してください。

効果的な自己処理の頻度やタイミングは?

顔の産毛が濃いと、気になってついつい毎日手入れしてしまいがちですが、肌への負担が大きくなるので頻繁な顔そりはNGです。

口周りの産毛が濃い人は1週間に1回程度、それ以外は3週間に1回程度の頻度が理想的です。

そもそも、顔の産毛はおよそ20日で生え変わります。

その毛周期に合わせてシェービングを行うことで、より少ない頻度で効果的に自己処理ができます。

脱毛の施術前に自己処理をする場合は、施術日の2日前にシェービングを行っておくといいでしょう。

顔の産毛を自己処理する際のコツ

もみあげや眉毛など、産毛ではない長めの毛はあらかじめ短くカットしておきます。

顔全体にスチームを当てたり、蒸しタオルを当てて、肌や毛を柔らかくしてからシェービングを始めましょう。

同様の効果があるシェービング剤(クリームやジェル、泡など)を塗っておくと効果的ですよ。

カミソリは角度が浅いと肌を傷つけやすいので、肌に対してなるべく直角に当てます。

同じ部分を何度も剃るのではなく、なるべく1~2回で毛を剃るようにしましょう。

空いている方の手で、カミソリを動かす向きと反対方向に肌を引っ張ると、寝ていた毛が立った状態で処理ができるため、一度に多くの毛を処理できます。

シェービング後はシェービング剤を拭き取り、化粧水などのスキンケアを行ったあとで、保湿をしっかりしておきましょう。

自己処理のタイミングややり方を効果的に行うことで、その後の顔脱毛で美肌を手に入れやすくなりますよ。

顔脱毛前は自宅でもきちんとケアを!

サロンで顔脱毛をする際は、施術前の自己処理が必要です。

眉毛やもみあげの形を自分の理想に沿ったスタイルになるよう事前に決めておくことで、スムーズに施術ができますよ。

脱毛前日に自己処理をする場合、鏡を見ながら剃り残しがように丁寧に剃ってください。

万が一剃り残しがあると、サロンによってはその部分は施術してもらえなかったり、有料でシェービングをしてもらえても施術時間が減ってしまいます。

安く脱毛サロンに通うためにも自己処理は大切です。

さらに、ツルツルの肌を目指すためには、自己処理後のアフターケアも重要になります。

剃り残しがないように念入りに自己処理をし過ぎて顔脱毛前に肌荒れを起こさないよう、シェービング後前後は肌の保湿をしっかり行うように、普段から心がけておきましょう!

もちろん脱毛後の保湿も脱毛効果を高めるために重要ですよ。

 class=

顔脱毛は脱毛サロンによって範囲も金額も様々です。

ランキングから自分の条件に合う脱毛サロンを見つけてツルツルの肌を手に入れましょう。

ほかにも顔脱毛の最新情報やメリット、必要回数など知りたい情報が全て載っています!

ランキングはこちら