脱毛の基礎知識

脱毛サロンのシェービングを大調査!無料で対応してくれるおすすめサロンはココ

脱毛サロンでは、剃り残しがあるとシェービング料金を取られてしまったり、剃り忘れたら施術をお断りされてしまうこともあります!

剃り残しが心配な方は、無料でシェービング対応してくれる脱毛サロンがおすすめです。

そこでエピワンでは、全国の人気脱毛サロンのシェービングサービスを大調査しました。

無料で対応してくれるサロンもあるので細かくチェックしていきましょう。

全身脱毛・vio脱毛にシェービングが必要な理由や、正しいやり方、注意点なども一緒に解説します。

なぜ脱毛前にシェービングが必要なの?

そもそも脱毛前にシェービングがなぜ必要なのか解説します。

全身脱毛やvio脱毛前にシェービングが必要な理由は、以下の3つです。

脱毛効果を高める

脱毛サロンの光脱毛は、毛の黒いメラニン色素に反応する照射の熱で毛根にダメージを与えることによって脱毛をしていきます。

しかしシェービングがされていないと毛根まで熱が届かず、脱毛効果も半減してしまうのです。

そこで脱毛する部位の毛を短くするために、事前に自己処理しておくことが必要になります。

やけどなどの肌トラブルを防ぐ

脱毛の照射は黒いメラニン色素に反応するので、毛が長いまま照射すると毛根だけでなく毛全体が熱を帯びます。

するとその熱が肌にも伝わり、やけどなどの肌トラブルに発展することも考えられるのです。

特にワキやVIOなどの部位は毛が濃く密集しているので、さらに熱を感じやすくなるリスクも高まるので注意が必要となります。

こうしたリスクを減らすためにも、剃り残しがないようにしっかりシェービングしておくことが大切です。

シェービングメニューは違法になってしまう

ちなみに脱毛サロンでシェービングをしてもらえないことにも大きな理由があります。

お客さまにカミソリなどの刃物を当てる行為は理容免許が必要で、免許なしでシェービングをすることは違法行為になってしまうのです。

そのため多くの脱毛サロンでは、事前の自己処理が必要になっています。

メニューとして「シェービング」を掲げて料金を取ることはできませんが、あくまでのお客さまの剃り残し分の手伝いという程度であれば問題ありません。

そのため自分自身でシェービングをするのが大前提となるのです。

剃り残ししない!正しいシェービングのやり方

ここからは、剃り残ししないための正しいシェービングのやり方を見ていきましょう。

中には剃り残しが多くてサロンで怒られる苦い経験をしてしまった人もいるので、しっかりポイントを押さえておくことが大切です。

💡毛の流れに合わせて剃る

シェービングをするときは、毛の流れに沿って自己処理しましょう。

毛の流れと反対に剃ると肌の角質なども一緒に剃ってしまい、肌に負担をかける原因にもなりかねません。

そこに脱毛の照射を当てると、さらに肌トラブルや乾燥肌を引き起こす原因にもなるため、毛の流れに合わせて剃ることが大切です。

💡手の届かない部位は工夫する

背中、うなじ、Oラインなどの手の届かない部位は、シェービング方法を工夫する必要があります。

自分で見ることが難しい部位は、可能であれば家族や彼氏、友人に剃ってもらいましょう。

人の手を借りることで、どのくらい剃り残しがあるのか見えない部位でも、キレイに剃ることができます。

ただ人に見られるのに抵抗があるという人は、鏡を使いながら剃るのもおすすめです。

Oラインなどはしゃがんだり片足を持ち上げながら、見やすい位置に鏡をセットすると、剃り残しがないか確認しながらシェービングをすることができます。

どれも難しいと感じる方やシェービング自体が面倒に感じてしまう方に1番おすすめなのは、脱毛サロンのスタッフにお願いすることです。

プロの手で安全に剃ることができますし、無料でシェービングサービスを行っている脱毛サロンを選べば追加料金不要でシェービングをしてもらうことができます。

自己処理する際の注意点をチェック

自己処理するときは、以下の3つのポイントに注意しましょう。

①施術の予約1〜2日前にシェービングする

自己処理するときは、予約日の1〜2日前にシェービングすることが大切です。

シェービングは肌に負担をかけてしまうので、当日に慌ててシェービングした状態でそのまま施術をすると肌トラブルにつながる可能性があります。

またシェービング直後は赤みが出やすいので、サロンで肌荒れと判断され、施術自体をお断りされこともあるので気をつけましょう

逆に3日前など早いタイミングで自己処理するのも問題ないですが、毛の伸びるスピードが速い人の場合は予約当日に伸びすぎてしまい、剃り忘れと判断されて施術が断られてしまうこともあるようです。

1〜2日前がベストなタイミングになるので、忘れずに自己処理してください!

②肌に優しい電気シェーバーで自己処理する

自己処理はカミソリや毛抜きを使わず、肌に優しい電気シェーバーを使いましょう

カミソリは肌表面を削り取ってしまうので、肌を傷つけたり乾燥の元になりやすくなります。

また毛抜きを使うと見た目はキレイになりますが、脱毛の施術の意味がなくなってしまうので絶対にNGです。

脱毛の照射は毛根にダメージを与えることで脱毛していきますが、毛根がないところに照射をしても効果がまったくなくなってしまいますし、さらに再度照射をするまでに毛が生えそろうのを1〜2ヶ月待たなければいけなくなります。

③シェービング後は保湿をする

肌に優しい電気シェーバーを使ったとしても、自己処理後は肌にダメージが加わり敏感になっています。

肌トラブルや乾燥を防ぐためにも、シェービング後は化粧水やクリームなどでしっかり保湿しておきましょう。

乾燥した肌に脱毛の照射をするとやけどのリスクがあるため、脱毛の照射の出力を下げられてしまったり、施術がNGになってしまうこともあるので注意が必要になります。

無料でシェービングしてくれるサロン一覧

「シェービングの大切さはわかったけれど、自分で自己処理しきれるかわからない」と不安な方におすすめなのが、無料でシェービングをしてくれるサロンです。

そこで全国で人気の脱毛サロンを大調査して、無料でシェービングしてくれるサロンをおすすめ度順に一覧にまとめました!

脱毛サロン おすすめ度 詳細はこちら
銀座カラー ★★★
シースリー ★★★
ミュゼ ★★★
ヴィトレ ★★★
プリート ★★★
ディオーネ ★★★

無料でシェービングサービスをしてもらえるといっても、全員が全部位無料で対応してもらえるわけではないのでご注意くださいね。

無料シェービング部位が手の届かないえりあし・背中・ヒップ・Oラインだけのサロンもあれば、剃り残しであれば全身対応してくれるサロンもあります。

そこで料金だけでなく、シェービングしてもらえる範囲についてもチェックしておくことが大切です。

シェービングが有料になってしまう脱毛サロン

脱毛サロン おすすめ度 シェービング対応 詳細
キレイモ ★★☆ 月額定額プランは926円(税抜)
恋肌 ★★☆ 対象部位は無料(月額制はうなじ、回数制はうなじ・背中・腰・お尻)
それ以外の部位は1部位800円
ストラッシュ ★★☆ 月額制は毎回1,000円(税抜)
ササラ ★★☆ 月額制は毎月1,000円
ラココ ★★☆ うなじ、えりあし、背中以外の部位は1部位1,000円(税抜)

キレイモ、ストラッシュ 、ササラは、回数パックプランの場合はシェービングサービスが無料ですが、月額制の場合は有料になります。

さらに恋肌、ラココは無料対象部位以外が有料になることもあるので注意が必要です。

広範囲で無料シェービングあり・剃り残し対応がいいサロン

ここからは、広範囲で無料シェービングしてくれるサロン、剃り残しの対応がいいサロンについてご紹介していきましょう。

手の届かない範囲のみを対応してくれるサロンと、剃り残しのみ全身対応してくれるサロンをピックアップしてまとめました。

脱毛サロン おすすめ度 シェービング部位 料金 詳細
シースリー ★★★ 剃り残しのみ全身
※ワキ・VIOは自分のシェーバー持参必須
無料
ディオーネ ★★★ 剃り残しのみ全身 無料
ストラッシュ ★★☆ 剃り残しのみ全身 回数プランは無料
月額制は毎回1,000円
恋肌 ★★☆ 剃り残しのみ全身 対象部位は無料
それ以外は1部位800円
脱毛ラボ ★★☆ 全身 顔・VIOありは1回1,389円
顔・VIOなしは1回926円
ラココ ★★☆ 顔用シェーバー持参のみ全身 うなじ、えりあし、背中は無料
それ以外の部位は1部位1,000円
ミュゼプラチナム ★☆☆ 剃り残しのみうなじ・背中上下・ヒップ奥 無料
キレイモ ★☆☆ うなじ、背中、ヒップ、Oライン 回数プランは無料
月額制は926円
銀座カラー ★☆☆ うなじ・背中・ヒップ・ヒップ奥 無料
ササラ ★☆☆ うなじ、背中、ヒップ、Oライン 回数プランは無料
月額制は毎月1,000円
ヴィトゥレ ★☆☆ えりあし、背中、Oライン 無料

この中でも特におすすめなのは、剃り残しがあった場合に全身のシェービングを対応してくれるシースリー、ラドルチェ、ディオーネです。

剃り残しがあるか心配な方は、この3つのサロンで脱毛すると万が一のときも追加料金がかからないので安心して施術が受けられるでしょう。

ただし全く自己処理をしていない場合は、シェービングサービスも受けられなくなるのでご注意くださいね。

恋肌、ストラッシュ 、脱毛ラボ、ラココでは一部有料になりますが、全身の剃り残し対応をしてもらえます。

ミュゼ、キレイモ、銀座カラー、ササラ、ヴィトゥレは手の届かない範囲のみ無料で対応してくれるサロンです。

キレイモとササラは月額制の場合は別料金がかかること、該当箇所以外は剃り残しがあっても対応してもらえない点に注意しましょう。

人気の脱毛サロン-シェービング対応

ここからは、先ほどご紹介したサロンもピックアップできなかったサロンも含めて、全国15の人気脱毛サロンのシェービング対応をご紹介します!

気になるサロンや通っているサロンはどんなシェービング対応をしてくれるのかを、チェックしていきましょう。

キレイモ


キレイモでは手の届かない、背中、うなじ、ヒップ、Oラインの4つの部位がシェービング対応の箇所になります。

キレイモには全身脱毛の「パックプラン」と「月額定額プラン」2つのプランがありますが、このうちパックプランのシェービングサービスは無料です。

月額定額プランは1回につきシェービング補助代として1,000円(税込)かかります。

キレイモは剃り残しがあっても大丈夫?キレイモのシェービングの範囲や金額について徹底解説!キレイモでの、剃り残しに対するサービスはどのような内容なのでしょうか?キレイモのシェービング補助適用の範囲や、金額についてを詳しく解説します!ベストな自己処理の仕方もご紹介します。 ...

詳細ページ公式ページ

銀座カラー


銀座カラーでは、手の届かない箇所のえり足・背中・ヒップ・ヒップ奥の4部位をシェービングしてもらうことが可能です。

しかも無料なので、追加料金の心配はいりません。

現在銀座カラーでは全身脱毛が「6回」「12回」「通い放題」の3つのプランがありますが、どれも同じ対応をしてくれます。

月額払いの場合も追加料金なしでシェービングサービスを受けることが可能です。

銀座カラーの剃り残し対応は厳しい?シェービング料金は必要なのか剃り残しがあると、追加料金がかかってしまうこともあるので不安になりますよね。そこで銀座カラーで剃り残しがあったときの対応を徹底調査しました!無料範囲はあるのか、どの部位まで対応可能か、自己処理についてなど、剃り残しについてわかりやすく解説します。...

詳細ページ公式ページ

シースリー


シースリーでは剃り残しがある場合は無料でシェービング対応をしてくれます。

ただしまったく処理がされていない場合は、避けて脱毛をするか、脱毛自体を断られるかのどちらかになるので自己処理忘れがないように注意しましょう。

またワキやVIOのシェービングサービスでは、サロンの電気シェーバーが使えないため、来店するときは念のために自分の電気シェーバーを持参するのがおすすめです。

シースリーの剃り残し対応は?自己処理の範囲やシェービング代はかかるの?シースリーで剃り残しがあったらどうなるの?剃り残しはシェービング代がかかったり、避けて照射されてしまうこともあるので、注意が必要です。そこで今回は、シースリーで剃り残しがあったときの対応について調査しました。自己処理の範囲も確認しておきましょう。 ...

詳細ページ公式ページ

恋肌


恋肌では「月額制」と「回数制」でシェービングサービスの内容が異なります。

全身脱毛の月額制は、うなじのみシェービングサービスがあり無料です。

また回数制では、手の届かない部位のうなじ背中、腰、ヒップの4部位が無料のシェービング対象となりますが、Oラインは含みません。

どちらのプランも対象部位以外は1部位あたり800円のシェービング代がかかり、複数箇所あるとその分だけ料金が発生してしまうので注意しましょう。

恋肌のシェービング代は無料?剃り残しはどれくらいまでOKなの?恋肌はシェービング代がいくらかかるのか、剃り残しがあった場合の対応など、恋肌のシェービングサービスについて、気になる点を調べてみました。脱毛の施術を受ける前は自己処理が必要ですが、剃り残しが合った場合はサロンによって対応が異なりますので、恋肌ではどうなのか見てみましょう!...

詳細ページ公式ページ

ミュゼプラチナム


ミュゼプラチナムでは基本的にシェービングサービスを行っていません。

ただし剃り残しがある場合のみ、えりあし、背中上下、ヒップ奥(Oライン)を無料で対応してくれます。

そのほかの部位は該当箇所を避けて脱毛するか、お手入れをお断りされてしまうのでご注意くださいね。

ミュゼの剃り残しの対応は無料?シェービング対応を詳しく解説します!ミュゼは剃り残しがあった場合、シェービング代がかかるのでしょうか?シェービング対応してくれる範囲や自己処理を忘れた場合の対応についてもしっかりチェックしていきましょう!脱毛当日のムダ毛処理で気を付けたいポイントも紹介しますので、参考にしてくださいね。...

詳細ページ公式ページ

ストラッシュ


ストラッシュでは事前の自己処理が大前提ですが、全身のシェービングサービスをしてもらうことができます。

範囲が決められていないので、手の届かない部位や自己処理しづらい部位はプロにお任せできるところが嬉しいポイントです。

ただしストラッシュでは「月額制」「パックプラン」「都度払い」の3つの通い方がありますが、パックプランのシェービング代は無料となりますが、月額制と都度払いは、脱毛のたびに毎回1,000円(税抜)のシェービング代が必要になります。

月額制と都度払いの場合は、剃り残しがないように丁寧に自己処理していきましょう。

詳細ページ公式ページ

脱毛ラボ


脱毛ラボは自己処理が難しい箇所がある場合は、有料になりますがスタッフがシェービングをしてくれます。

顔・VIOを含む場合は 1回1,500円(税込)、顔・VIOなしの場合は1回1,000円(税込)です。

お金がかかってしまいますがシェービングの箇所が限定されていないので、プロにお願いしたい方には最適でしょう。

脱毛ラボのシェービング対応・剃り残しがあった時はどうしたらいい?高い効果と少ない痛みで人気の脱毛ラボのシェービング対応はどうなのか?剃り残しがあった場合の対応や料金、シェービング代、施術前の自己処理などについてまとめています。...

詳細ページ公式ページ

ササラ


ササラでは手の届かないうなじ、背中、ヒップ、Oラインの4部位はスタッフがシェービングをしてくれます。

ただし「月額制」はシェービング補助代として毎月1,000円が必要です。

全身脱毛の回数パックプランの場合はシェービング代が無料になるので、シェービング代をかけたくない人はパックプランをおすすめします。
詳細ページ公式ページ

ラココ


ラココではうなじ、えりあし、背中のシェービングサービスがあり、しかも無料です。

ただしそれ以外の部位については1部位あたり1,000円(税抜)のシェービング代がかかるので、剃り残しがないように気をつけましょう。

またシェービング対応してもらうには、顔用のシェーバーを持参する必要があり、忘れるとシェービングしてもらえなくなってしまうのでご注意ください。
詳細ページ公式ページ

ヴィトゥレ


ヴィトゥレでは自分で手が届きにくいえりあし、背中、Oラインのシェービングサービスがあります。

無料で受けることができるので、コース料金以外にも負担がかからず安心です。
詳細ページ公式ページ

プリート


VIO脱毛専門のプリートには、シェービングサービスがありません。

ただし剃り残しがあった場合は、無料で処理してもらえることもあるようです。

しかし剃り残しが多すぎる場合や、まったく自己処理をしていない場合は施術をお断りされてしまい、予約を取り直す必要があります。

その場合1回消化にはならず、キャンセル料金も取られないので良心的な対応といえるでしょう。

詳細ページ公式ページ

ディオーネ


ディオーネでは自己処理が難しい背中やえりあしなどの背面、Oラインはスタッフがシェービングしてくれて、しかも無料なので安心です。

剃り残しであれば、全身の部位もシェービング対応してくれます。

詳細ページ公式ページ

ジェイエステティック


ジェイエステティックではシェービングサービスがありません。

自己処理して来店するのが基本となるので、丁寧にシェービングしてから予約日を迎えましょう。

万が一剃り残しがあった場合には、残念ながらその部位は施術することができません。

有料のシェービングサービスも用意されていないので、避けて照射することになります。

詳細ページ公式ページ

エピレ


エピレではシェービサービスを行っていません。

剃り残しがある部位は施術をお断りされてしまうので、事前に丁寧に自己処理してから来店しましょう。

詳細ページ公式ページ

ラドルチェ


ラドルチェは背面のシェービングサービスが無料です。

しかも剃り残しがあった場合は、どの部位も無料でシェービングサービスしてくれます。

まったく剃っていない場合はキャンセル扱いとなり、1回分消化になってしまうので損しないように自己処理はしていくようにしましょう!
詳細ページ

以上、15この脱毛サロンのシェービング対応をまとめると以下のようになります。

シェービング範囲や料金を比較したトータルのおすすめ度も記載したので、ぜひチェックしてみてくださいね!

脱毛サロン おすすめ度 シェービング部位 料金(税抜)
キレイモ ★★☆ うなじ、背中、ヒップ、Oライン 回数プランは無料
月額制は926円
銀座カラー ★★☆ えり足・背中・ヒップ・ヒップ奥 無料
シースリー ★★★ 剃り残しのみ全身
※ワキ・VIOは自分のシェーバー持参
無料
恋肌 ★★☆ 剃り残しのみ全身 月額制はうなじ、回数制はうなじ・背中上下・腰・お尻は無料
それ以外の部位は1部位800円
ミュゼプラチナム ★★☆ えりあし・背中上下・ヒップ奥の剃り残しのみ 無料
ストラッシュ ★★☆ 剃り残しのみ全身 回数プランは無料
月額制は毎回1,000円
脱毛ラボ ★★☆ 全身 顔・VIOありは1回1,389円
顔・VIOなしは1回926円
ササラ ★★☆ うなじ、背中、ヒップ、Oライン 回数プランは無料
月額制は毎月1,000円
ラココ ★★☆ 顔用シェーバー持参のみ全身 うなじ、えりあし、背中は無料
それ以外の部位は1部位1,000円
ラドルチェ ★★★ 剃り残しのみ全身 無料
ヴィトゥレ ★★☆ えりあし、背中、Oライン 無料
プリート ☆☆☆ なし 無料対応の場合あり
ディオーネ ★★★ 剃り残しのみ全身 無料
ジェイエステティック ☆☆☆ なし
※剃り残しはお断り
×
エピレ ☆☆☆ なし
※剃り残しはお断り
×

★ランキングに戻る★

自己処理が心配な方は、全身の剃り残し対応を無料でしてくれるシースリー、ラドルチェ、ディオーネが特におすすめです。

シェービングサービスのある脱毛サロンなら全身脱毛も安心!

どのサロンで脱毛するとしても、事前に自己処理しなければいけません。

面倒に感じてしまうかもしれませんが、脱毛効果を高めるために大切なことなので、注意点に気をつけて丁寧にシェービングしましょう。

ただし手の届かない範囲を周りの人にお願いできなかったり、自己処理がいつも甘くなってしまうことが心配な方は、無料で剃り残し対応してくれるサロンに通うのが断然おすすめです。

サロンによってシェービングの範囲が異なったり、プランによって無料だったり、有料の部位が発生してしまったりと条件に違いがあるので、契約前に細かく確認しておきましょう。

無料のシェービングサービスがある脱毛サロンを選べば、全身脱毛も安心して受けられますね!

脱毛するならどの脱毛サロンがおすすめ?!

その疑問をエピワンがランキング形式で解説!

安くて人気の脱毛サロンランキング2019年最新版をご紹介します!

脱毛サロン人気ランキング部分脱毛人気ランキング