永久脱毛ランキング

医療脱毛は傷があると永久脱毛できない?傷や手術跡があるときの注意点とは?

クリニックで主に使用されている機械は、黒いものに反応するレーザー脱毛機です。
毛根にダメージを与えて毛を弱らせていくとともに、お肌もやけど状態を起こしてしまいます。

健康なお肌であってもダメージを与えかねないレーザー脱毛を、傷がついた状態のお肌に行うのは危険ですよね。

最近では「痛くない脱毛」をうたっているサロンも増えましたが、毛根をターゲットとした脱毛機はどれも、やけどや色素沈着などのダメージを与える可能性があります。

そのため「痛みが少ない」「安全な脱毛」を叶えている脱毛機であっても、傷口の照射は避けられているのです。

最新の医療脱毛は照射NGも少ない!

最新の医療脱毛は進化を遂げており、1年以内で脱毛が完了するうえに痛みも少なくなっています。

低めの熱を肌内部に蓄積させて少しずつ毛根にダメージを与える「蓄熱式脱毛機」を取り入れているクリニックが増えてきているのです。

ほくろや日焼けなど“黒いもの”にそこまで心配をしなくても、パッチテストをしてみて問題なければ照射OKというクリニックは今後さらに増えていくでしょう。

皮膚科であればアフターケアもしっかりしているので、さらに安心ですよね。

全身脱毛はホクロやシミが多くても大丈夫?体にホクロやシミ、ニキビ跡が多くある場合の全身脱毛にはやけどの可能性があります。 サロンによってはシールを貼り保護することも可能ですし、ハイパースキン脱毛の活用もおすすめ。...

医療脱毛で傷以外に照射できないNG例

ほくろ・鉛筆の芯

脱毛機に“黒いもの”とみなされるほくろは、照射したときに痛みが伴う場合があるため、避けて照射する場合があります。

また、まれに鉛筆の芯がカラダの中に刺さっている方がいますが、照射をするときにチクッと感じる場合があるので照射を避けた方がいいでしょう。

手術跡

出産の時にIラインを縫ったり帝王切開したりした部分は、皮膚が薄くなっているためその部分には照射できません。

手術した跡がある場合は、カウンセリングの際にスタッフに伝え照射できないかしっかり聞いてみましょう。

日焼け・色黒

日焼けをしたお肌や色黒なお肌も、脱毛機が“黒いもの”とみなすことで痛みを伴うことがあるため、脱毛をお休みするのがベスト。

また、日焼け直後の赤くなっているときはお肌がやけどを起こしている状態なので、脱毛器の熱でさらにダメージを与えることがないように照射を避けます。
基本的には日焼けしている期間は脱毛をひかえて、日焼けが落ち着いてからクリニックに通いましょう。

肌トラブル

特に顔脱毛の場合に、ニキビやふきでもの、カミソリ負け部分やしみや乾燥などの肌トラブルが目で見て明らかなときは照射を避けます。
照射をすることでさらに悪化する可能性があるからです。

お肌の調子が良くないときはスタッフに相談して、お肌が健康な状態のときに振り替えられないか聞いてみましょう。

他社との掛け持ち

脱毛をする前1ヶ月以内に、他のサロンやクリニックなどで同じ部位の施術に入っている場合は、照射を断られることがあります。

脱毛は基本的に3週間〜1ヶ月の毛周期に合わせた頻度で通いますが、他の脱毛機で照射をした場合に毛周期が狂ってしまう可能性があるからです。

またクリニック側の都合としては、照射後お肌になにかトラブルが起きてもどちらの施術が原因かわからないため、対処に困るという側面もあります。

CHECK脱毛で傷を避けるときの範囲はどれくらい?
医療クリニックで「傷を避けて照射します」とスタッフに言われたときに、どのくらいの範囲を避けるのか気になりますよね。

クリニックによって差はあるものの、最低でも傷口から2cm〜3cmは間隔をあけて照射している店舗が多いでしょう。

心配であればどのくらい間隔をあけてほしいか希望を伝えたり、傷のある部位自体を別日に振り替えたりするのがベスト!

傷のある部位をどうしても脱毛したい!

傷があることを理由に脱毛を断られたけれど「どうしてもそこを脱毛したい!」という場合、どうしたら良いのでしょうか?

切り傷や炎症などの一時的な傷の場合、傷が治ってからそこだけ照射可能かどうかをスタッフに相談してみましょう。

これから脱毛を考えている方は、カウンセリングの段階でヒアリングしておくことで、他社との比較もしやすくなります。

生まれつきある傷や、傷だらけで治る見込みのない傷の場合は、傷口には毛が生えないので無理に脱毛をせずに避けるのがベストです。

CHECK傷つけない自己処理の方法とは?
VIOや背面など、手の届きにくい部位の自己処理は大変ですよね。

脱毛前の自己処理がきっかけで傷がつき、脱毛ができなくなってしまったら本末転倒です。

カミソリ負けをしないためにも、必ず「フェリエ」などの電動シェーバーを使用しましょう。

本来毛流れに沿ってシェーバーをすべらせるのですが、毛流れにさからうようにすべらせることでキレイにカットできます。

脱毛をしていくうちに自己処理もどんどん楽になっていくので、初めは辛抱してコツを掴みながら処理してみてくださいね。

自分でムダ毛を処理する派?正しいやり方をしないと危険がいっぱい!自己処理は自分で手軽にできるので自宅でおこなうという人も多いでしょう。しかし、間違った方法でお手入れしていると肌が傷つきダメージを受けてしまいます。安全にムダ毛を処理するには脱毛サロンに通ってお手入れしてくのがオススメですよ。...

医療脱毛でも傷を気にせず照射できる日は近い!

医療脱毛での傷やその他の照射NG例についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

最新の脱毛器は、毛根だけでなく全ての毛穴にアプローチできるともいわれており、安全性・スピード・快適性全て申し分なしです。

いつか傷や肌トラブルなどを気にすることなく、カラダの隅々まで脱毛できる日がくるといいですね。
永久脱毛できる医療クリニックで、安全な医療脱毛を行いましょう!

永久脱毛でおすすめのクリニックランキング!医療脱毛の料金・回数を徹底解説永久脱毛をするなら脱毛サロンではなく医療クリニックがおすすめです。早く終わる医療脱毛おすすめ医療クリニックランキングをご紹介します!...