脱毛の基礎知識

銭湯でセルフ脱毛だって!?最近のセルフ脱毛事情に迫る!

最近耳にするようになったセルフ脱毛という言葉。

脱毛サロンや医療脱毛で脱毛するのが主流となっていますがセルフ脱毛サロンというのは、脱毛機器のある施設内で脱毛の施術を自分で行うことです。

このセルフ脱毛にはどんなメリットやデメリット、特徴があるのでしょうか??

詳しく解説していきます!

セルフ脱毛とは一体?

一般的なセルフ脱毛サロンでは、個室ブースに入り目を保護するサングラスをかけ、業務用の脱毛器を使い自分ひとりで気になるところを脱毛していきます。

誰にも見られることなく、自分だけで脱毛できますのでワキ脱毛VIO脱毛など恥ずかしい部位でも大丈夫。

また予約の必要はなく、気が向いたときに出向きブースが空いていればすぐに利用することができます。

セルフ脱毛サロンから「おふろの王様」のようなスーパー銭湯に併設されているところまで、その形態はさまざま。

今のところまだ一般的な脱毛サロンほどには普及しておらず、近くに店舗がないこともあります。

デリケート部分の脱毛はスタッフに見られて恥ずかしという人が多いですが、自分でセルフ脱毛なら誰にも見られる心配はありませんね。

VIO脱毛は体験はキャンペーンを利用してお得にお試ししてみよう!デリケートな部位だからこそ、トライに悩むのがVIO脱毛です。心配なときは、痛みやサロンの雰囲気をリーズナブルプライスで確かめることができるVIO脱毛の体験キャンペーンから始めてみるのがおすすめ。こちらの記事では、そんなVIO脱毛体験情報についてまとめています。...

セルフ脱毛のメリット

セルフ脱毛のメリットは以下の通りです。

  • 脱毛しているところを誰にも見られない
  • 施設内にスタッフがいるため分からないところは質問できる
  • 家庭用脱毛器よりも効果のある業務用脱毛器を使える
  • ワンショットいくら・1分いくらなど料金が決まっており、予算に合わせて使える

「たとえ脱毛サロンのスタッフといえども、ムダ毛の生えている体を見せるの恥ずかしい」「施術してるところ誰にも見られたくない」という人には、セルフ脱毛はぴったりです。

また予約もいらないため、空き時間にセルフ脱毛施設に出向き、ブースが空いていればいつでも自分で脱毛することができます。

また料金設定も明快で、予算内でワンショットいくら・1分いくらなどというふうに管理することが可能。

家庭用脱毛器のパワーの低さに不満がある人は、セルフ脱毛施設の業務用脱毛機器が使えることは大きな魅力です。

もし使い方がわからなくても、スタッフにいつでも何でも聞くことができます。

コツが掴めれば、もうスタッフに質問しなくても自分で好きなところを好きなだけ脱毛することができるのです。

セルフ脱毛のデメリット

セルフ脱毛のデメリットは以下のとおりです。

  • 料金が脱毛サロンに比べて割高になる
  • ひとりでは手の届かない部位がある
  • 撃ちもれが起こりやすくムラになりやすい
  • お肌トラブルが起こる可能性がある

セルフ脱毛サロンで全身をくまなく脱毛しようと思うと、料金がかさみます。

最近では脱毛サロンの料金も低価格になってきており、選ぶサロンによっては料金が同じくらいか、脱毛サロンの方が安くあがることも。

また背中や体の後ろ側など、手の届きにくい場所の脱毛がひとりでは難しいという現実があります。

そのため撃ちもれが起こりやすいため、仕上がりにムラがでやすくなっています。

また脱毛サロンではスタッフがシミやほくろなどの色の濃い部分のケアを十分にしてくれますが、ひとりで行う場合、どうしても光によるやけどやお肌トラブルが起こるリスクが高まってしまいます。

セルフ脱毛ではお肌トラブルなどは全て自己責任となっていますので注意が必要です。

安全性や施術のていねいさではサロンに軍配が!トータルで判断を

脱毛サロンとセルフ脱毛ともに、使用する機器はほぼ同じです。

ですが自分だけでは目が行き届かない部位があり、安全確認が不十分になります。

そのため「お肌になるべくトラブルを起こさない施術をする」という安全性の面で、セルフ脱毛は脱毛サロンより劣ってしまうという現実があります。

また体の後ろ部分は手探りで光を当てることとなり、撃ちもれが起きてしまうことは避けられないのです。

また、脱毛する際にはしっかりと保湿をしないと乾燥や肌荒れの原因になるほか、脱毛効果にも影響してしまいます。

以上のことを考え合わせると、セルフ脱毛だけで全身を安全にムラなくきれいにしようというのは、あまり現実的ではありません。

安全性と施術の丁寧さにおいては、やはり脱毛サロンに勝るものはないのです。

万が一、脱毛サロンで打ち漏れが合った際には再照射の対応もしてくれるので仕上がりのムラも避けることができます。

脱毛サロンでの施術で満足できない部分を、セルフ脱毛サロンでピンポイント脱毛するというのが、もっともおすすめの使い方だといえるでしょう。