ストラッシュ

ストラッシュ脱毛で有効期限を過ぎてしまったら?返金期間や延長方法を解説

脱毛サロンに通う場合、契約した時点でその日から有効期限というものが決まっているのは知っていますか?

これを契約前に知っておかなければ、あとで損をして後悔してしまうかもしれません。

脱毛料金が安いストラッシュは、最新のSHR方式の脱毛を取り入れている人気の脱毛サロンですが、ストラッシュの脱毛プランにも有効期限はあります。

では、ストラッシュの回数パックのひとつである無制限パックにも有効期限はあるのでしょうか?

ストラッシュの有効期限を過ぎた場合や、延長期間、返金方法、妊娠時の対応についてまとめましたのでぜひ参考にしてみてください。

脱毛サロンの有効期限とは

脱毛サロンのプランには、月額制・回数制・都度払い・通い放題などがあります。

このうち有効期限(保証期間)が発生するプランが多いのは、回数制の脱毛プランです。

回数制とは「○回パック△円」というように、△円を支払うことで脱毛を○回受けられる脱毛プランを意味します。

有効期限が存在する場合、この契約回数の施術を有効期限内に受けなければいけません

ストラッシュの有効期限はどれくらいなのか

ストラッシュの回数プランで受けられるのは、全身脱毛61箇所(顔・VIO含む)です。

その回数プランの種類には、6回パック・10回パック・12回パック・18回パック・無制限パックがあります。

ストラッシュの有効期限は、脱毛プランの回数によって異なるので注意してくださいね。

【ストラッシュの有効期限まとめ】

パックプランの回数 有効期限
6回 10ヶ月
10回 1年3ヶ月
12回 1年6ヶ月
18回 2年
無制限 5年

こうして見てみると「ストラッシュの有効期限は少し短いのでは」と感じる人もいるでしょう。

通常の脱毛方法では、毛周期を考慮して約2ヶ月に1回のペースで施術するので、この有効期限では少し短いですが、ストラッシュでは最新の脱毛方法式のSHR脱毛を導入しているので、最短2週間に1回のペースで通うことができます。

2週間に1回のペースで通えるということは、1ヶ月で4回、半年で12回も施術できるので、そう考えると有効期限が短くても大丈夫ですね。

ただ、最も注意したいポイントは、無制限プランの有効期限です。

無制限パックも回数パックのひとつですが、「無制限なのに有効期限があるの!?」と驚く人も多いのではないでしょうか。

しかし、実際に無制限パックにも有効期限は存在します。

「通い放題」と「無制限パック」の大きな違いは、

  • 通い放題:一生通い放題
  • 無制限:有効期限内だけ通い放題

という点です。

ストラッシュの無制限パックでは有効期限が5年に設定されています。

そのため、有効期限の5年を過ぎると契約を結び直す必要があるのです。

残念ながらストラッシュに通い放題プランはないので、一生通い続けたい人は再契約を続けていかなければなりません。

《無制限パックの注意点!》
ストラッシュの無制限プランで、自分の好きなペース(最短2週間に1回)で通えるのは18回目の施術まで!

19回目からは、3ヶ月に1回のペースで通うことになります。

個人差はありますが、施術18回で脱毛効果は十分に出ると考えられているため、19回目からはそこまで頻繁に通う必要がないという理由だそうです。

有効期限と関係してくることなので、ここは忘れずに注意してくださいね。

詳細ページ公式ページ

ストラッシュの有効期限を過ぎてしまったら

基本的には、有効期限を延長することはできません。

契約プランの回数すべてを消化できていなくても、有効期限が終了した時点でそのプランを終了したとみなされるからです。

そのため「有効期限終了 → 再契約」という流れになります。

しかし再契約を行うことができるので、店舗での契約の結び直しなど面倒なこともありますが、脱毛効果に満足していない場合は再契約するといいでしょう。

ただし、やむを得ない理由がある場合には、無料で有効期限の延長が可能です!

例えば、いきなり病気になって通えなくなってしまったなどが挙げられます。

理由によっては最長2年間の延長を許してくれるのが大きなポイントです。

しかし、延長できるかどうかの判断はストラッシュ側が行うので、何か理由があって通えなくなった場合は、電話や店舗でその旨をしっかり伝えてください。

また、引っ越して通えなくなり、引っ越し先にある別の店舗に通うことになった場合は、有効期限がそのまま引き継がれます。

ストラッシュでは解約の必要なく、他の店舗への移動がOKなので、通う店舗は変わっても有効期限はそのままなんです。

ちなみに、ストラッシュは全国に展開中であり、2019年8月現在の段階では、全国で25店舗(北海道1、宮城1、東京7、神奈川2、千葉2、埼玉1、愛知2、京都1、大阪4、兵庫1、広島1、福岡1、沖縄2)が存在します

ストラッシュは返金はあるのか

ストラッシュの有効期限を過ぎてしまった場合は、たとえ1回も通っていなくても返金はありません

有効期限が過ぎるということは、脱毛プランの契約が終了したとみなされるからです。

ちなみに有効期限内に解約すれば、残り回数分の料金を返金してくれます

こちらも解約手数料はかかりますが、解約手数料=残り回数分の料金×10%(上限2万円)となるので、受け取る返金額は残り回数分の料金の90%です。

そのため、有効期限を過ぎて施術1回分を無駄にしてしまうと、通常の返金額よりも1万円以上損をしてしまいます。

【有効期限内での施術1回分の返金額】

パックプランの回数 料金 1回分の料金 解約手数料 返金額
6回 95,760円 15,960円 1,596円 14,364円
10回 154,500円 15,450円 1,545円 13,905円
12回 181,800円 15,150円 1,515円 13,635円
18回 262,440円 14,580円 1,458円 13,122円

ちなみに、回数無制限プランは8ヶ月以上通っていないと強制解約となるのでそこには十分に注意しましょう。

詳細ページ公式ページ

もし妊娠してしまってもストラッシュの有効期限の延長可能!

やむを得ない理由で有効期限の延長を希望すれば、有効期限を延長できると紹介しましたが、これは妊娠にも適用されます。

脱毛途中で妊娠してしまった場合は、有効期限2年間の延長が可能です!

妊娠するとホルモンバランスが崩れてしまい、肌トラブルの可能性が高くなり、脱毛効果が弱くなってしまうからです。

妊娠時は有効期限が2年も延長できるので、無理をして施術を受けないようにしてくださいね。

ストラッシュの有効期限もきちん理解しておくことが大事!

ストラッシュは少し有効期限は短いですが、最短2週間に1回という早いペースで通えるので十分だといえるでしょう。

ただし、無制限パックにも有効期限があること、有効期限の延長や残り回数分の返金は不可能なことを覚えておきましょう

病気や妊娠などの場合は有効期限の延長が可能なので、ストラッシュのカウンセリング時にきちんとスタッフに相談し、確認しておけば安心です。

ストラッシュの回数パックを選択するのであれば、後で損をしてしまわないように、有効期限についてもしっかりと知っておくといいですね。