未分類

医療脱毛期間中の日焼けはどのくらいまで大丈夫?程度を知っておこう!

クリニックでは医療脱毛を受けている間は日焼けを避けるように注意喚起しています。

しかしどの程度までの日焼けなら医療脱毛を受けることができるのでしょうか。

クリニックでは使用している脱毛機が異なるため「この程度の肌の色であれば施術はできるけれど、この色であれば施術はできない」というような明確な基準は設けられていません
そのため対応も様々で、日焼けをしてしまった場合どうすればいいのか悩んでしまいますよね。

  • そもそも医療脱毛期間中に日焼けはなぜダメなのか
  • 日焼けしてしまった場合どのくらいまでなら脱毛できるのか
  • 効果は半減してしまうのか

など、医療脱毛と日焼けについて詳しく解説していきます。

医療脱毛で日焼け肌が施術NGの理由とは?効果は弱くなってしまうの?

日焼け肌に医療脱毛ができない理由は機器の仕組みに由来し、多くのクリニックでは体毛に含まれている黒色のメラニン色素に反応して発熱し毛根を破壊する働きをもつレーザーを使用しています。

メラニン色素は体毛だけでなくお肌にも存在しているのですが、日焼けをして紫外線を浴びるとメラニン色素量が増えてしまうため、施術時に肌トラブルが起こるリスクが高くなります。

例えば、日焼け肌にレーザーを照射すると、

  • 強い痛みが発生
  • レーザーがお肌に反応することでやけどの危険も高くなる
  • 紫外線を浴びることで乾燥肌を引き起こす
  • ホルモンバランスが崩れているときに照射するとお肌に炎症が起こりやすくなる

というような症状が見られます。

また、肌の色が黒い状態でレーザー照射をするとレーザーの働きが体毛だけでなくお肌にも分散されてしまい、結果的に脱毛効果が弱くなってしまうためクリニックではでは日焼け肌への医療脱毛を断っているのです。

ちなみに、日焼け肌に脱毛施術をおこなうと癌になる危険性があるという意見もありますが、日本医学脱毛協会においては脱毛で用いるレーザーには発がん性はないとしています。

脱毛後のお肌は過敏な状態になっているため、日焼けをすると発がん性がある紫外線がお肌に届きやすくなり結果として癌を引き起こすリスクはあるので、癌を予防するためにも脱毛施術前の日焼けは極力避けるようにしましょう。

医療脱毛後の日焼けも要注意

日焼けは、脱毛を受ける前だけ気をつけていれば大丈夫と思っている人も多いですが、

脱毛後も日焼けには気をつけなくてはならない理由2つ紹介します。

肌トラブルを起こしやすくなる

施術後の肌は軽くやけどしているのと同じ状態で、その肌に紫外線をあびると、赤みがでたり、場合によっては皮膚が腫れて(やけどの水ぶくれのような状態)しまう可能性もあります。

また、乾燥がひどくなると、かゆみが起こることもあるのです。

色素沈着(シミ)になりやすい

脱毛後の肌は、強い光をあびてとてもデリケートになっている状態です。

その肌に強い紫外線があたると、皮膚を守ろうとメラニンが多く作りだされます。

通常であればターンオーバーが正常に働き、シミなどにはなりにくいですが、脱毛後は肌が乾燥しているので、ターンオーバーも遅れ、色素沈着になりやすいのです。

一度色素沈着になってしまうと、もとに戻るのにかなり時間がかかってしまうので、注意が必要になります。

このように、脱毛後の肌はかなり敏感になっているため、日焼けをすると肌トラブルにつながる可能性があります。

脱毛後、とくに1~2週間は、「紫外線の浴びやすいレジャー(海やプール)は控える」「日焼け止めを塗る」「帽子やカーディガンを着用する」など、肌を保護しながら露出も控えるように心がけましょう。

日焼けはどの程度までなら大丈夫?冬だからと油断は大敵!

季節ごとの紫外線

まだ気温が暑くないので、UVケアも怠りがちになってしまいますが、5月頃から紫外線が強くなるので要注意です。

一般的には7月~8月の夏が一番紫外線量が多くなり、春と比べても体へのダメージが大きくなります。

秋は夏に比べるとと、少し紫外線量は減りますが、春の紫外線量とはほとんど変わらないので、UVケアはとても大事です。

紫外線が弱まる時期ではありますが、シミなどの原因になるUVAは、冬になってもそこまで減少するわけではないので、紫外線ケアは年中行う必要があります。

ちなみに、1日のなかでは午前10時~午後2時が一番強くなるので、この時間帯はとくに気をつけるようにしてください。

また、日焼け止めの使用はクリニックごとの指示に従うようにしましょう。

日焼けはどの程度まで大丈夫か

日焼けがどの程度大丈夫かは、使用する脱毛機によっても異なります。

例えば、ダイオードレーザーやYAGレーザーであれば、多少日焼けをしていても脱毛可能です。

ただし、施術直前に海やプールに行って肌が真っ赤になるなど、明らかに日焼けをしているときは、肌トラブルを起こす可能性があり脱毛できなくなるので注意してください。

日焼け肌でも脱毛できるかどうかは、クリニックによって判断が異なりますので、まずは無料カウンセリングで医師の判断を仰ぎましょう。

色黒・地黒の場合はどうすればいい?

ダイオードレーザーやYAGレーザーなどであれば、色黒、地黒の人でも脱毛可能ですが、色白の人に比べると若干脱毛効果が劣る場合もあります。

また、色黒や地黒の人も肌の状態によっては、脱毛を断られてしまうこともあるので、まずはカウンセリングに行き、脱毛できる状態か確認してもらってください。

ちなみに日焼けサロンは大丈夫?

日焼けサロンと脱毛を同時に通いたいという人も多いですが、日焼け肌にレーザーを照射すると、肌トラブルを起こしたり脱毛効果が落ちてしまうので、脱毛中に日焼けサロンに通うのは控えましょう。

日焼けしていても医療脱毛できるクリニック5選

日焼けしていると脱毛できないのはレーザー脱毛最大のデメリットといえますが、日焼けしていると医療脱毛をできないというとすべてのクリニックで断っているのではなく、中には日焼けしていても脱毛できる機器を使っているところがあります。

レーザー機器の中でも近赤外線を照射して毛包にアプローチするダイオードレーザーや、お肌の奥深くで照射効果が発揮されるYAGレーザーは、メラニン色素に関係なく施術できるので日焼けしている人はこれらの機器を導入しているクリニックを選びましょう。

代表的なレーザー機器

ダイオードレーザー ソプラノアイスプラチナム(レジーナクリニック)
ライトシェアデュエット(アリシアクリニック)
ベクタス(フェミークリニック)
メディオスター(リゼクリニック)
YAGレーザー ジェントルヤグ(リゼクリニック)

医療脱毛期間中に日焼けしないための対策方法

日焼け止めクリームを塗る

外出するときなどは、必ず日焼け止めクリームを塗りましょう。

日焼け止めクリームには、SPFやPAがあり数値が高かかったり、(+)が多いほうが効果はありますが、肌には負担です。

海などのレジャーには、数値が高いクリームを選ぶといいですが、普段は数値の低いクリームをこまめに塗りなおすと肌への負担も軽減できます。

帽子や長袖を着用し肌の露出を減らす

日焼け止めクリームだけに頼らず、帽子やUVカットの長袖カーディガンを着用したり、日傘を差すのも効果的です。

海やプールなどのレジャーを控える

脱毛期間中は、日焼けをしやすい海やプールなどのレジャーは控えたほうが安心です。

UVカットの化粧品を使用する

最近は、UVカット効果があるファンデーションや化粧下地、リップクリームなども販売されているので利用してみるのもいいですね。

日焼けしたらまずはクリニックに相談を

日焼けをしたお肌で脱毛できるかどうかはお肌の状態や日焼けした時期などの情報をもとに医師がカウンセリングをしながら判断します。

医療脱毛に通っている間は日焼けをしないように、衣類で肌を隠したり日焼け止めを塗るなどして予防しておきましょう。

日焼けしたときのキャンセルや予約の取り直しについてはクリニックによって対応が異なるので万が一日焼けしてしまった場合はクリニックに相談するようにしてください。

またクリニックには有効期限があるので、合わせて確認をしておかないと有効期限が切れてしまい、脱毛が完了していなくても施術が受けられなくなってしまう可能性があります。