全身脱毛ランキング

体毛が薄いけど全身脱毛できる?毛が細くて少ない人の脱毛事情を知ろう

体毛が薄い人はムダ毛が目立ちにくく、自己処理もほとんど必要ないという方もいるでしょう。

それはうらやましい限りですが、実は悩みもあるようです。

毛が薄い人ならではの弊害や、全身脱毛を受けるときの注意点、さらにはおすすめの脱毛サロンをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

“体毛が薄い人”ならではの悩みがある!

体毛が薄い人は、世間一般の女子からうらやましがられますが、薄い人は薄い人なりの悩みもあります。

まずは毛が薄いことでどのような弊害があるのか、見てみましょう。

自己処理を忘れがち

体毛が薄い人は、腕や脚など普段から人目につきやすい部位も目立つ毛が少ないため、ムダ毛処理の頻度は少なくすみます。

しかし全く自己処理がいらないわけではなく、一般的な自己処理頻度よりは少ない回数で済むというだけです。

そのため、自己処理が習慣づいていなく、いざというときにムダ毛だらけのままプールに行ってしまったり、彼氏とデートに行ってしまうなんてことがあります。

遠目ではムダ毛に気がつきにくくても、近くで見れば産毛が生えているのがわかりますので、恥ずかしい思いをしてしまうこともあるのです。

肌トラブルになりやすい

頻繁に自己処理を繰り返すのも肌に悪影響ですが、普段からカミソリや毛抜きでの処理になれていないと、処理のたびに刺激に負けてしまい、赤くなったり腫れてしまったりなどの肌トラブルが起こりやすくなります。

また、毛が濃い人は早い段階で脱毛サロンなどでの脱毛を考えますが、毛が薄いとそこまでの必要がないと感じてしまい、結果長期的な自己処理となって肌を傷め続ける可能性があるのです。

「全身脱毛を選んでおけばよかった」という後悔

最近では脱毛をする人が増え、低年齢化も進んでいます。

全身脱毛は高額ではありますが、長い目で見ればコスパがよく、支払い方も分割や月払いなど多様化したため、平均的な毛量の人からも人気のプランとなりました。

しかし毛が薄いと「自己処理でいいや」となりがちですし、もしも脱毛サロンに通おうと思っても、背中やお腹の脱毛はいらないからと、気になる部位だけの部分脱毛を選んでしまうのです。

料金が安く見える部位脱毛ですが、例えばヒザ下脱毛だけをすればヒザ上の些細なムダ毛も気になり、結局は多くの部位を脱毛することとなったという話もよく聞きます。

こうなれば圧倒的に全身脱毛の方がコストパフォーマンスに優れているので、初めから全身脱毛にしておく方が安く済むのです。

毛が薄いがゆえに脱毛部位をケチった結果、料金は全身脱毛よりかさんでしまったということにもなりかねません。

毛が薄い人の全身脱毛が大変な理由

毛が薄い人にも全身脱毛はおすすめしたいのですが、実は毛が濃い人より大変という結果が出ています。

産毛に効果のある脱毛機での施術が必要

産毛のような細く色素の薄い毛が多い人は、通常のムダ毛の脱毛とは異なり、専用の脱毛機の施術でないと効果が出にくいのです。

多くの脱毛機は黒色のメラニン色素に反応させて、毛根にアプローチする脱毛方法ですが、産毛は黒色が薄いため思うように脱毛機が反応せず効果を実感しにくいのです。

そのため毛が薄い方は、メラニン色素に反応する脱毛機ではなく『SHR方式』が採用された脱毛機をおすすめします。

これは毛包全体がターゲットとなるため、毛が黒くなくてもしっかりと反応してくれます。

産毛に効く脱毛サロンはここ!産毛脱毛して全身スベスベ肌を作りましょう脱毛で太い毛をなくして薄くしたいのはもちろんですが、せっかく脱毛サロン全身脱毛をするなら産毛もなくしたいですよね。こちらでは、全身脱毛で産毛にも効果が高い脱毛サロンをご紹介します。...

脱毛効果を実感するまでに時間がかかる

産毛や細い毛に反応する脱毛機は、じっくりと時間をかけて脱毛していくものが多くですし、もともとムダ毛が気にならないので、効果が分かりにくいのです。

さらに全身脱毛だと脱毛部位によっての効果の差も激しいため、毛が濃い友達と同時に脱毛を始めても、毛が薄い人の方が効果を感じるまで時間がかかってしまいます。

ただし、なかなか効果を実感できないだけであって、確実に効果は発揮されますので、諦めずに通い続けることが大切です。

平均的な脱毛回数では足りない可能性もある

脱毛サロンの全身脱毛では、自己処理がいらなくなるまでに12回は施術を受けなければいけません。

しかし産毛や細い毛はそれだけでは足りない可能性もあり、18回程度を見た方がいいケースもあるでしょう。

18回の施術には3年以上の年月が必要ですし、回数が多くなれば料金もかさみます。

毛の濃さだけでなく、毛量によって必要回数は異なりますので、場合によっては12回の全身脱毛と複数回の部位脱毛を合わせるなど、工夫をしてお得に契約する必要があるでしょう。

全身脱毛の効果は何回から?回数別で変わる脱毛完了までのゴール脱毛サロンで全身脱毛をする場合、何回通えば効果を実感できるんでしょうか?脱毛完了までの回数と金額、期間をご紹介します!自己処理いらずを目指すなら12回がベスト!...

毛が薄い人は産毛やキッズに対応した脱毛サロンがおすすめ

毛が薄い人が脱毛サロンで全身脱毛を受ける場合は、産毛に効果的な『SHR脱毛』の脱毛機が使用できるところや、子供脱毛が可能な肌に優しいところが効率的でしょう。

毛が薄い人におすすめしたい脱毛サロン2つをご紹介します。

ストラッシュ

ストラッシュの脱毛機はSHR方式を採用していて、産毛や細い毛にも効果的です。

また、日焼け肌などでも施術が可能なため、今まで脱毛をあきらめていた人の強い味方となるでしょう。

毛周期も気にせずに脱毛ができると言われ、通常2ヶ月に1回ペースの脱毛が、2~3週間に1回のペースで通うこともできてしまいます。

全身脱毛は顔やVIOを含む61ヶ所が施術範囲となっているので、毛が薄い方でも全身隅々まで脱毛できるでしょう。

料金

ストラッシュの全身脱毛は、『月額制』、『回数パック』、『無制限』、『都度払い』の4種類があり、どの程度まで脱毛したいのか、支払額はいくらまでかなどで選ぶことができます。

自己処理がいらなくなるまで脱毛がしたいなら、回数パックか無制限がおすすめです。

プラン名 総額料金 通うペース
6回 95,760円 最短2週間
10回 154,500円
12回 181,800円
18回 262,440円
無制限(5年間) 369,800円 18回目までは月1回
19回目以降は3ヶ月間隔

無制限プランは5年の期限つきですが、最短ペースで滞りなく通えば、32回もの脱毛が可能です。

また、回数パックはシェービング代が1,000円かかりますが、無制限プランは無料となっています。

妥協なく脱毛がしたいという方に、ぜひおすすめしたい脱毛サロンです。

詳細ページ公式ページ

ディオーネ

ディオーネは『ハイパースキン脱毛』という独自の脱毛方を使用して、いたくない脱毛を実現しています。

敏感肌専門の脱毛サロンと言われ、3歳の子供でも施術可能というので驚きです。

脱毛方法は“毛の種”をターゲットにして、毛周期やメラニン色素に関係なく行えるため、毛が薄い方でも満足度の高い脱毛が可能となっています。

しかもコラーゲン生成が期待できる光を照射するので、黒ずみの除去や美白にもアプローチできるでしょう。

料金

全身脱毛は、Lパーツ4部位とSパーツ4部位を選択した計8部位の脱毛と、顔を除く全身丸ごと脱毛できる2種類があります。

選択制の方は料金が安く、プチ全身脱毛として毛が薄い方にも人気のプランです。

脱毛コース 全12回コース料金 ショートコース6回料金 メンテナンス追加1回価格
全身脱毛
(Lから4部位+Sから4部位選択)
198,000円 99,900円 16,500円
全身まるごと脱毛
(顔除く首から下全ての部位)
360,000円 210,000円 30,000円

ディオーネの全身脱毛は12回が最大となりますが、その後まだメンテナンスが必要なら、12回コースの1回分の料金で追加が可能です。

12回で完了できればそれでいいですし、満足できなかった時のためのフォローがしっかりできているので、毛が薄い方も選びやすいのではないでしょうか?

詳細ページ公式ページ

毛が薄い人は初回カウンセリングでの相談が重要!

毛が薄い人は、脱毛サロン選びがとても重要です。

脱毛機は何を使用しているのか、全身脱毛は何回受けられるプランがあるのかなど、毛が薄い人でも満足ができる環境が整っているかを見極めなければいけませんので、初回のカウンセリングで必ずチェックをしましょう。

スタッフの方に毛が薄いことを説明し、親身に相談に乗ってくれるかどうかも判断基準となりますので、後悔のないよう多くの脱毛サロンのカウンセリングに行って比べることが重要です。

毛が薄い人は全身脱毛ではなく部位脱毛でもいいかも!

毛が薄いことはうらやましいと思いがちですが、脱毛サロンで全身脱毛を受けたいと思ったときには大変な面も多くなっています。

何よりも、産毛や細い毛に効果的な脱毛機を選ぶことが重要ですので、あらかじめ脱毛サロンを検索しておき、カウンセリングでしっかりと相談してみましょう。

全身脱毛をしてしまえばその後は確かに楽ですが、毛の生え方や量などから部位脱毛でもいいケースもあるかもしれません。

また、ディオーネなど全身脱毛でも部位を選択できるところもありますので、自分の毛質に合わせて選びましょう。