VIO脱毛ランキング

VIO・ハイジニーナ脱毛するならおすすめ人気サロンランキング!2019年最新版!

VIOラインの処理は当たり前と言われている現在。

しかし、まだ半分以上の女性達は「Vラインのみ脱毛したことあるけどIOは怖い」「やりたいけどお金がない」「恥ずかしい」と、色々な悩みから勇気を持てずVIO脱毛を始められないままでいます。

こちらではそんな悩みを解消するとともに、VIO脱毛するなら安くておすすめの人気脱毛サロンをご紹介します!

料金が安いサロンはどこなのか?
VIO脱毛したらどんなメリットがあるのか?
恥ずかしくない?痛くない?

部位別で選ぶならどのサロンがいいのか?など、色んな悩みの条件にあった解決方法から探すことができまよ!

VIO脱毛とは?


VIO脱毛とはデリケート部分を脱毛することを言います。

Vは両足の付け根あたり、IラインはVラインのさらに奥の陰部の両サイドになります。
Oラインは肛門周りのことを指し、全ての部位を合わせることによって「VIO」となります

数年前までは一部の美容関係者だけが使う用語で、あまり知られていませんでした。

施術も高級美容エステなどでしか行われず、金額も50万円以上ととても高く、なかなか普通の社会人ができるようなものではなかったのです。

しかし近年、海外セレブをきっかけに国内の女優やモデルもVIO脱毛を受けていることから一般的に認知されるようになりました。

「ハイジニーナ脱毛」とも言われていて、今では脇脱毛や足脱毛と一緒に脱毛する方が増えているそうです。

ツルツルにするならハイジニーナ脱毛

「ハイジニーナ脱毛」とは「hygiene(ハイジーン)」という「衛生」を意味する用語から作られた言葉です。

アンダーヘアーの毛を全て処理する意味で、Vライン、Iライン、Oラインの毛を全くない状態にする脱毛方法になります。

女性は生理があったり、夏場は蒸れたりして不衛生になりやすい部位でもあるので、デリケート部分の毛を全て無くすことで清潔さを保ち、常に衛生的でいられるようになるんですね。

その他にもメリットが多くあるVIO、ハイジニーナ脱毛。

次で詳しくご紹介します。

VIO脱毛は痛い?メリットデメリットも知っておこう

VIO脱毛を行う際、必ず気になるのが「痛み」です。

デリケート部分の脱毛、と聞くだけで「絶対痛い!」と思ってしまうと思いますが、いくら料金が安くても、いくら通いやすいサロンでも、毎回施術の痛みがすごかったら・・・
耐えられずに通うのも嫌になってしまいますよね。

特にIラインやOラインは粘膜に近い部分に濃くて太い毛が生えているので、そこに照射の光を当てるとやはり他の部位と比べると痛みを感じやすくなります

脱毛サロンの光脱毛は黒い色に反応して脱毛していきますので、色素沈着で肌の黒積みが目立つIラインは特に痛みが強いのです。

脱毛方法 痛み 照射温度 ターゲット
IPL脱毛 強い 70度~80度 黒いメラニン色素
SSC脱毛 普通 60度~70度 黒いメラニン色素
SHR脱毛 少ない 30度~50度 毛が作られる毛包
ハイパースキン脱毛 少ない 30度~40度 バルジ領域

IPLとSSCは黒い部分に光が反応して照射していき、その温度は70度前後とされています。

しかしSHRとハイパースキン脱毛は光を当てる部分が異なり、毛包全体に30度~50度くらいの弱い熱を加えていく脱毛方法になるので、痛みを感じにくく痛みが少ないと言われているんです。

人気の脱毛サロンではどの脱毛方法が行われているのでしょうか?
比較一覧表を見てみましょう!

サロン 脱毛方法 アフターケア
ミュゼプラチナム SSC脱毛 ミルクローション
プリート IPL脱毛 美白パック
ディオーネ ハイパースキン脱毛 美白美容液
ジェイエステ SSC脱毛 ヒアルロン酸ジェル
ストラッシュ SHR脱毛
エステタイム IPL脱毛 コラーゲントリートメント

照射の痛みが少ないSHR脱毛を取り扱っているストラッシュ、ハイパースキン脱毛のディオーネは痛みが心配、痛みに敏感なかたでも安心してvio・ハイジニーナ脱毛ができますね!

痛みに敏感なかたはストラッシュとディオーネがおすすめ

痛みに弱い方、vio脱毛の痛みが怖い方は人肌温度で痛みが少ないストラッシュとディオーネをおすすめします!

ディオーネ

38度の低温処理なので照射の際は温かみを感じるだけ!
3~4週間の1回のペースで通えて、乾燥肌やアトピー肌でも脱毛することができますよ。
口コミ詳細公式ページ

ストラッシュ
ストラッシュ

肌に優しいSHR脱毛採用のストラッシュは、日焼け肌やシミにも照射可能!
連続照射で痛みが少なく、顔やVIO脱毛に適しています。
口コミ詳細公式ページ

VIO脱毛をすると決めたから多少の痛みは我慢してください!と言いたいところですが、脱毛が痛いからと途中で行かなくなってしまったという方も少なくありません。

粘膜に近く、毛がかたくて濃いので何回も通わなければしっかりと脱毛効果は期待できません。

痛みに弱い、なるべく刺激がない方がいいという方にはディオーネストラッシュがおすすめです。

ディオーネのハイパースキン脱毛は、3歳の子供から脱毛することができます。
子供の弱い肌も脱毛できるので、デリケート部分の薄い皮膚もほとんど痛みを感じることなく脱毛することができます。

ストラッシュのSHR脱毛は温かみを感じる程度なので、照射の痛みを我慢していた方は、ストラッシュで快適に脱毛できますよ!

vio脱毛・ハイジニーナ脱毛のメリット

vio脱毛、ハイジニーナ脱毛するとメリットが多くあります。

  1. 生理時の蒸れやにおい軽減
  2. 毎月訪れる生理ですが、どうしても蒸れや臭いが気になったりするものですが、毛がないので出血や排泄物が残る心配がなく、常に清潔に保つことができます。
    気になる臭いも軽減され、蒸れることなく生理の時でも快適に過ごすことができますよ。

    身体の免疫が落ちた時に膣炎などの病気になってしまうことがありまが、アンダーヘアーそすっきりすれば予防もできます。

  3. 自己処理から解放される
  4. アンダーヘアーを脱毛することによってわずらわしい自己処理から解放されます。
    脱毛したばかりだとサロンに通う前に自己処理していかなければいけませんが、脱毛完了してしまえばもうVIOのセルフケアはしなくていいので、その分の時間が有意義に使えます。

    長年自己処理した結果、色素沈着や黒積み、肌荒れなどももう気にすることはありません!

  5. 毛量を調節できる
  6. VIO脱毛をするからといってハイジニーナ(ツルツル)にしなければいけない、ということではありません。
    全剃りして何回か照射することによって、アンダーヘアーの毛量を調節することができます。
    何回か脱毛サロンの光を当てていけば、毛質が柔らかくなったり毛量を少なくすることもできるんです。

  7. おしゃれを楽しめる
  8. セクシーな下着や、夏場の水着など、幅広くおしゃれを楽しむことができます。
    ハイジニーナ脱毛する前は「この水着挑戦できるかな…」と悩んでいても、気にせず自分の好きな下着や水着などを選ぶことができるようになりますね。

  9. 急なお泊りでも安心
  10. 交際している相手との性生活や、友達との急なお泊りで温泉に入ったとしても心配はいりません。
    自信が持てるようになりますね。

vio脱毛・ハイジニーナ脱毛のデメリット

デメリットもあるので確認しておきましょう。

  1. 自己処理が面倒
  2. VIOの毛量を少なくしたい時や毛質を柔らかくしたい、ハイジニーナにしたいという希望があれば、前日までにデリケート部分を全剃りしていく必要があります。
    IラインやOラインは自分ではなかなか見えずらくシェービングするのは難しいので、剃り残しがあった場合は無料で対応してくれる脱毛サロンもありますよ。

  3. 施術が恥ずかしい
  4. VIO脱毛する場合、照射台の上に寝そべって片足を広げて施術します。
    紙パンツや紙ショーツをずらしながら脱毛していきますが、施術スタッフからは丸見え状態となってしまうので「VIO脱毛は恥ずかしい!」「大事な部分を他人に見せるなんて!」と感じるかたがほとんです。
    しかしスタッフの方は1日に何十人、今までで何百人も見てきている熟練した方ばかりなので、恥ずかしがる必要はないですよ。

  5. 痛みが強い
  6. VIOのデリケート部分は、粘膜の近くに太くて濃い毛が多く生えています。
    粘膜には照射することはできませんが、粘膜に近い部分の照射は普通の部位より痛みを感じやすくなっていますので「VIO脱毛が痛すぎて我慢できない」という口コミも多くあります。
    脱毛方法によっては痛みが少ない脱毛サロンがあるので、痛みに敏感な方はこちらを見てみてくださいね。

  7. ハイジニーナにするには最低でも15回は通わなければいけない
  8. ハイジニーナにする(無毛のツルツルにする)かたは、最低でも15回~20回以脱毛サロンに通わなければツルツルにはなれません。
    2~3ヶ月に1回通える脱毛サロンだと1年で4回しか通えないので、5年間はキャンセルなしで通い続けなくてはいけませんね。
    回数が多くなれば完了までの期間が長くなり、料金も高くなりますので、安くて早く終わる脱毛サロンを探しましょう。

CHECKVIO脱毛、ハイジニーナ脱毛ののメリット・デメリットまとめ

痛みに敏感なかたや、どの程度の痛みがあるのか知りたい方はまずはVIO脱毛を体験してみてはいかかですか?

色んなサロンで体験することにって、通いたいサロンが見つかりますよ!

まずはVIO脱毛体験から!

デリケートゾーンを全剃りして全照射すると効果的ということが分かっても、やっぱりVIO脱毛は見られるが恥ずかしいという声が多く、なかなか契約する勇気が出ないという声を聞きます。

そういった心配がある方は、VIO脱毛専門店プリートに通う、もしくはVIO脱毛のお試しコースを用意している脱毛サロンで一度体験してみるのがおすすめです。

VIO脱毛は1回でも照射すると、一週間ほどすると毛がスルっと抜け落ちるのが目に見えて分かるので、脱毛効果を実感することができます。

また、効果は実感することができますが一回だけではしばらくするとまた毛が生えてくるので、生えてこなかったらどうしよう・・という心配もありません。

サロン 体験価格 回数
エステタイム 100円 VIO丸ごと1回
プリート 1,100円 1部位1回
プリート 5,000円 VIO全体1回
ジェイエステ 2,000円 VIO全体2回
エピレ 6,000円 VIO全体2回
ストラッシュ 2,750円 1部位1回

1万円以下でお試し脱毛ができるVIO。

まずはVIO脱毛1回に効果を体験してみたい方や、1万円以下でVIO脱毛してみたい方はこちらのサロンがおすすめなのでご紹介します!

VIO脱毛を体験できるおすすめの脱毛サロン

エピレ
VIO脱毛

エピレが初めての方限定キャンペーン!
トライアングル、Vライン上、Vライン両サイド、Iライン、Oライン5箇所を2回脱毛できて6,000円という格安コースがあります。

口コミ詳細公式ページ

ジェイエステ
両ワキ12回

ジェイエステの体験コースは今ならVIO脱毛が2回できて2,000円!
1回の料金はたったの1,000円なので、キャンペーン中の今がチャンスです。

口コミ詳細公式ページ

6,000円で2回VIO脱毛体験ができるエピレは、実績と信頼のあるTBCグループです。

しかしジェイエステでは2,000円でVIO脱毛が2回もできるキャンペーン中、このキャンペーンはすぐに終わってしまうのでお早めにお申し込みください!

どのくらいVIO脱毛が痛いのか?
どんな格好で施術をするのか?一回でどのくらいの効果があるのかを確認することができるので、デリケート部分はまず脱毛体験してからがいいですね。

CHECKVIO脱毛は体験はキャンペーンを利用してお得にお試ししてみよう!

VIO脱毛するなら何回から効果あるの?

VIO脱毛は「脱毛サロンキャンペーンの料金が安いから」という理由だけで決めてしまうのはよくありません。

全てのサロンがそうとは限りませんが、キャンペーンで利用できる回数を脱毛してあと数回脱毛しないと終わらないとなった場合、高額な料金で再契約をする羽目になります。

最初から、初回キャンペーンだけを利用して他の脱毛サロンと掛け持ちするのであれば問題はありませんが、ほとんどの人がそのまま再契約をして、「なんだか高くついちゃった」と後悔をしています。

そのためには、VIO脱毛やハイジニーナ(無毛)にするのに何回脱毛すればいいのか、回数に対して料金がお得なのかを知っておくことが大切です。

3~6回(1年~2年) 毛量が減り柔らかくなる
7回~12回(2,3年~) 好みの形やデザインを作れる
15~20回(4年~) ハイジニーナにすることもできる

自然な仕上がりを目指すのであれば3~6回が最適ですが、IラインやOラインを全てなくす(ハイジニーナ)のであれば、最低でも15回脱毛することをおすすめします。

これはIPL脱毛やSSC脱毛の場合であって、SHR脱毛やハイパースキン脱毛になるともう少し回数が必要になってくるので、自分の行きたいサロンがどんな脱毛方法なのか把握しておきましょう!

★行きたい脱毛サロンの脱毛方法を確認する>>>

CHECKVIO脱毛は何回で終わるの?どのくらいの回数と期間が必要?

ハイジニーナは15回~20回

ハイジニーナ(無毛)にしたい場合は、個人差にもよりますが最低でも15回から20回は照射しなければツルツルにはなりません。

全剃りして全照射してもまた数ヵ月後にはムダ毛が生えてくるからです。

これを何回も繰り返し、5回目以降からだんだんと毛質が柔らかくなり、10回目からは全体的に毛量が減ってきます。

15回目以降だとVIO脱毛前日に整える程度で、あとは自己処理は必要ないでしょう。

個人差にもよりますが、毛質が柔らかくなる5回目以降から痛みが和らいできますので、根気強く通ってツルツルのハイジニーナを目指しましょう!

次は、脱毛効果が高くてハイジニーナにするならおすすめの脱毛サロンをご紹介します。

ハイジニーナにするならココがおすすめ

回数が多いと料金が高くなってしまうので、こちらでは値段が安くてしっかり脱毛回数を重ねられる脱毛サロンをご紹介します。

プリート
バナー原稿

VIO脱毛専門店プリートは脱毛効果が高く、美白パックまで付いているのでハイジニーナ脱毛するならプリートがおすすめです。
VIO脱毛18回で157,500円1回あたりの料金は8,750円と格安になっています。

口コミ詳細公式ページ

ストラッシュ
ストラッシュ

痛みが少ないストラッシュでは110,980円の値段でVIO脱毛回数無制限で通うことができます!
回数無制限なので自分が満足するまで何回でも脱毛することができますよ。

口コミ詳細公式ページ

プリートは先ほどもご説明しましたが、VIO脱毛専門店なのでハイジニーナ脱毛の技術はピカイチ!

しかし回数は18回までしかないので、満足するまで何回でも通いたい方は、回数無制限プランがあるストラッシュをおすすめします。

残りの回数を気にしないで通うことができるので、自分が満足するまで何回でもvio脱毛することができますよ。

VIO部位別に脱毛するならおすすめサロン

VIO脱毛といってもVラインだけ脱毛したい方や、男性ではOラインのみ脱毛を希望する方も増えています。

VIOのそれぞれの部位だけを脱毛するならそのサロンがお得なのか、徹底調査しましたのでご覧ください。

サロン 料金/回数 内容
ミュゼ 100円/6回 Vラインと両ワキのみ
脱毛ラボ 1回単発/3,000円 Vライン、Iライン、Oラインどれか1部位
ストラッシュ 5回/13,750円、10回/27,500円 Vライン、Iライン、Oラインどれか1部位
脱毛ラボ
【期間限定キャンペーン】

全身脱毛で有名な脱毛ラボですが、1回から脱毛できる単発脱毛プランもあり、VIOそれぞれ1回3,000円からできます。
IPL脱毛で効果も高いので、脱毛ラボの部分脱毛はおすすめです。

口コミ詳細公式ページ

ミュゼプラチナム
ミュゼプラチナム

ミュゼはVラインと両ワキ脱毛が6回100円でできます。
ミュゼが初めてのかたならお得なキャンペーンのミュゼ年間パスポートで1年間通い放題もありますよ!

口コミ詳細公式ページ

自分の好きな都合に合わせて1部位のみ脱毛したいなら、1回単発からできる脱毛ラボがおすすめです。

しかしミュゼならたったワンコインでVラインと両ワキ脱毛ができるので、どちらも挑戦しやすい価格設定となっています。

肛門周りのOラインだけ脱毛したいのか、それかVラインとIラインの脱毛したいのか、数ヵ所選ぶとまた金額は変わってきますので人気部分脱毛ランキングも参考にしてみてくださいね。

CHECK部分脱毛するならおすすめ脱毛サロンランキング!数ヵ所から選んで脱毛しよう!

VIO/ハイジニーナ脱毛料金で探すなら

人気のVIO脱毛、ハイジニーナ脱毛、それぞれ各サロンの値段と料金を見てみましょう。

サロン 料金 回数 キャンペーン 詳細
ストラッシュ 110,980円 回数無制限 詳細
ミュゼ 30,000円 4回 ワキとvライン通い放題 詳細
プリート 157,500円 18回 1回お試し5,000円 詳細
ディオーネ 96,000円 12回 詳細
ジェイエステ 30,000円 4回 2回お試し2,000円 詳細
エピレ 56,100円 6回 2回お試し6,000円 詳細
エステタイム 100円 1回 両ワキ+Vラインも100円 詳細

料金だけで見るとVIO脱毛、ハイジニーナ脱毛が安いのはミュゼジェイエステです。

どちらも4回施術できて同じ金額の30,000円になります。

しかしハイジニーナがご希望の方なら18回施術できるVIO脱毛専門店のプリートや、回数無制限で通えるストラッシュがおすすめでしょう。

次はエピワンが選ぶ、VIO脱毛・ハイジニーナ脱毛するならどの脱毛サロンが安くて人気なのか、ランキング形式でご紹介しますので是非VIO脱毛選びの参考にしてくださいね!

VIO脱毛が安くて人気のおすすめ脱毛サロンランキング

vio脱毛するならキャンペーンがお得なミュゼ


脱毛サロンに通う女子の3分の2に選ばれている超人気サロンのキャンペーンが人気のミュゼ

VIO脱毛はミュゼの年間パスポートでお得に通うか、ミュゼアプリに加入して通常金額の半額で通うか選ぶことができます。

ミュゼハイジニーナ7 通常料金 アプリ加入後
4回 60,000円 30,000円
6回 90,000円 45,000円

全国に190店舗以上もある店舗は全て駅近で途中変更も自由、ミュゼは予約も取りやすく会員サイトからいつでもOKなど、通いやすさに定評があることも人気の理由!

ミュゼのvio脱毛は恥ずかしくないように、紙ショーツを履いた状態で少しずつずらしながら照射していくので安心ですよ。

■100円でワキとVラインが6回脱毛できてミュゼは効果も高いのでお得です!店舗の数も多いので家からでも職場からでもどこからでも通いやすい!

■昼間通えればミュゼのデイプランが安くなるので絶対お得!

■施術は痛みがそこまでないのでリラックスして施術を受けられます。1回1回お冷やしで冷やしながらやってくれるので全然痛みは我慢できます

■施術してくれるスタッフさんみんなハイジニーナ脱毛しています、と教えてくれたので施術は安心して任せられます!

■Vラインと一緒にミュゼの脇脱毛もセットで付いてきてワンコインなのでみんなやっている!

■vio脱毛の料金は高いですが、毎月変わるキャンペーンを利用すればお得にvio、ハイジニーナ脱毛できるのでキャンペーンをチェックするのが面倒です…

■ミュゼアプリを取りたいけどスマホではないのでやり方がわからない。難しい特典内容なのでしっかり説明を聞かなければいけないのがネックです

ミュゼは痛いと聞きましたがやはりパチ!と若干の痛みは感じます。でも我慢できないほどではないです

■Iラインは15回以上通わなければハイジニーナにならないので、20回コースを用意してほしい

詳細ページ公式ページ

回数無制限でハイジニーナ脱毛ができるストラッシュ

痛みが少ないストラッシュは、成長期の毛だけでなく全ての毛に効果を出せるSHR脱毛を採用しているので、毛周期に関係なく通うことができます。

通えるペースは最短2週間に1回で、SHR脱毛ほとんど痛みを感じないので、VIO脱毛も毎回安心して脱毛することができて早く完了できると人気があります。

VIO脱毛6回 42,980円
VIO脱毛12回 77,980円
回数無制限 110,980円

VIO脱毛プランは6回、12回、回数無制限から選べます。

ハイジニーナにしたい方は回数無制限、毛量を少なくしたい、形を整えたい方は12回プランを選ぶといいでしょう。

ストラッシュでは通いやすい料金設定も人気ですので、痛みがなくお得に通えるのはストラッシュですよ!

■他サロンで痛みが我慢できず耐えられなかったのでストラッシュに乗り換え。特典も使えてお得になり、痛みも全然感じないのでストラッシュに乗り換えて本当に良かったです!

■温かみを感じる程度で痛くないので毎回安心して施術を受けています。ストラッシュの効果は肌にも優しい脱毛器なので安心です。

■回数無制限だからハイジニーナにするまで何回でも通うことができるのはとてもお得!最低でも15回以上は照射しなきゃハイジニーナにはならないと思う

■友達と一緒にストラッシュのペア割を使ってVIO脱毛しました。本当に痛みがないからストラッシュを選らんで良かったです

■vio脱毛プランはあるけど私はストラッシュの部分脱毛プランを契約しました。回数を多く購入しないと脱毛できないのが残念で結局金額が高くなってしまいました

■ストラッシュのSHR脱毛は本当に痛くないけど、脱毛効果があるのかちょっと感じずらいかも。

■vio脱毛が全然痛くないから本当に効果あるのかわからない。

詳細ページ公式ページ

VIOお試し脱毛が安いお得なジェイエステ

ジェイエステでは人気のコース「デリケート5脱毛」が初回限定で2回お試し脱毛を実施中。

デリケートゾーン全体を脱毛できるので、痛みに弱い方やジェイエステの脱毛効果が肌に合うか、まずは2回照射して確かめてみてはいかがですか?

VIO脱毛お試し 2回/2,000円
デリケート5脱毛 4回/30,000円

お試しで2回脱毛しておけば、一回辺り2,500円と単価も安く痛みもどの程度あるのかわかりますね!

初回キャンペーン後は回数に合わせたプランを3万円から用意していて、両ワキ脱毛12回コースをプレゼントしてもらえるので同時にワキのお手入れもできるのでお得ですよ。

詳細ページ公式ページ

美白もできるVIO脱毛専門店のプリート

プリートは脱毛業界で唯一のVIO脱毛専門店
そのためVIOやハイジニーナへのこだわりもピカイチで、脱毛範囲も一番広く、ボクサーパンツを履いた感じの部分まで脱毛が可能です。

プレミアムハイジニーナ脱毛(脱毛+美白) 12回/総額123,750円
内容 Vライン/Iライン/Oライン/アウトVライン/へそ上/へそ下+美白パックでケア

ただ脱毛するだけなく、デリケートゾーンの黒ずみや色素沈着を改善する美白コースも用意されているのでキレイな仕上がりにしたい人におすすめ。

Vラインのデザインはヘアーカタログも用意しているほど種類が豊富で、満足できなかった場合には全額返金保証も付いている安心のサロンです。

また、VIO脱毛は恥ずかしいという人は、専門店であるプリートが通いやすいのではないでしょうか。

■プリートはvio専門店なので施術スタッフの経験が違うと思い、プリートに決めました。色素沈着や肌トラブルも相談できるので助かります!

■vioのデザインがいっぱいあるので、スタッフと相談しながら決めました。人気の形や男性ウケのいいデザインもあったのでさすがvio専門店だなぁと感心しました。

■ハイジニーナに憧れて通っていますが12回目ではまだまだ・・・それ以上やると追加料金がかかるので悩んでいます。

■ボクサーパンツぐらいの大きさの脱毛範囲で嬉しいんですが、お腹とのムダ毛の境目がくっきりわかるので少し恥ずかしいです。

詳細ページ公式ページ

TBCグループのエピレ


エステティックTBCがプロデュースするエピレでは、ジェイエステと同じように初回限定でVIO脱毛が2回お試しできるキャンペーンx初回限定。

さらにその際、回数コースを申し込むとこのお試しコースは無料でプレゼントしてもらえるので、回数コース+お試し2回できることになります。

VIO・5脱毛プラン 6回/56,100円
内容 VIO全体の脱毛を6回

2回のお試し脱毛は6,000円なので、1回単価はたったの3,000円になります。
お試し脱毛すれば、照射の痛みや脱毛効果を実感できるので、まずは脱毛体験からはじめてみてはいかかですか?

詳細ページ公式ページ

痛みに弱い方は絶対ディオーネ

痛みがないことで有名なディオーネ。
他サロンで痛みが我慢できなかった、耐えられなかったかたが多くディオーネへ乗り換えてきます。

ハイジニーナコース (VIO全て処理) 6回/72,000円、12回/120,000円
semiハイジニーナコース
(VIO希望の形を残して処理)
6回/57,000円、12回/96,000円

2回のお試し脱毛は6,000円なので、1回単価はたったの3,000円になります。
お試し脱毛すれば、照射の痛みや脱毛効果を実感できるので、まずは脱毛体験からはじめてみてはいかかですか?

詳細ページ公式ページ

VIO脱毛、ハイジニーナ脱毛するならどこのサロンがおすすめなのかランキング形式でご紹介しましたが、料金や効果、通いやすさなどを重視するとやはりミュゼが1位となりました。

VIO脱毛しながら美白も目指したいというかたは、VIO脱毛専門店のプリートがおすすめです。

★VIO・ハイジニーナ脱毛ランキングに戻る★

VIO脱毛と他のパーツも脱毛したいとお考えの方は、多くの部分脱毛を申し込むと料金が高くなってしまう可能性があるので、全身脱毛のほうが逆に予算を抑えられるかもしれません

vio脱毛しながら全身脱毛できるキレイモと銀座カラーは、通い放題もあるのでハイジニーナにしたい方は料金は高くなりますがデリケート部分以外の全身も綺麗に脱毛することができますよ!

銀座カラー
銀座カラー

顔とVIOを含んだ全身脱毛が6回で月額3,300円、総額99,000円10万円以内で全身脱毛ができます。
銀座カラーにも通い放題があるので満足するまで通移行ができますよ!

詳細ページ公式ページ

キレイモ
KIREIMO -キレイモ-

キレイモのVIO脱毛はIPL脱毛で効果が高いですが、冷たいジェルを使わないので不快な思いはしないでVIO脱毛込み全身脱毛ができます。
黒積みや色素沈着が緩和される他、キレイモは痛みが少ないので綺麗なデリケートゾーンに仕上がりますね!

詳細ページ公式ページ

CHECK全身脱毛はVIO脱毛込みがお得?全身脱毛プランにVIO脱毛が含まれているメリット

VIO脱毛の豆知識!これを知っていれば怖くない

人気の形・脱毛範囲

一番人気なのが自然に見えて、いかにも脱毛したという感じにならないスクエア型です。(画像一番左)
たまご型は自然に見えるスクエア型の角をなくし丸みを出した形で、これもナチュラルに見えるということで人気があります。(画像真ん中)
その他、Vラインのデザインはたくさんあり、どのぐらいの範囲まで脱毛したいかによって変わってくるので脱毛の経過を見ながら通うといいでしょう。
また、Vラインは形を整えても残した毛が太いとその部分だけ目立ってしまいます。
おすすめの方法として、VIO脱毛に通いはじめて3~4回は全照射(ハイジニーナ)をして毛を細く量を減らし、その後希望の形に合わせて脱毛すると自然に見えますよ。
全照射する回数は肌質や毛量によって人それぞれなので、スタッフの人に相談しながら脱毛することいいでしょう。

やっぱり恥ずかしい?(施術の流れ・仕方)どうしても恥ずかしい場合はケノン!

VIO脱毛をする時の体勢は、用意されたショーツ(ガーゼのような素材で伸びがいいもの)を履いて、照射する部分だけ露出して他の部位は見えないように配慮してもらえます。
Vラインはショーツを少し下げた状態で照射して、Iラインは片足を曲げてショーツをずらしながら照射、Oラインはうつ伏せでショーツを少し下げながら照射をします。
“常に全部見えている状態ではない”ので安心してくださいね。
完全個室のサロンもあったり、VIO脱毛の時だけ個室で行ったり、サロンによって異なりますので、事前にきちんと確認しましょう。

前日に上手な自己処理の仕方

陰部は複雑な形状をしたデリケートな部位ですから、奥のほうをカミソリで処理するのは危険です。
また光やレーザーを当てるとき、毛根が残っていないとしっかり効果が出ませんから、毛抜きで抜いたり脱毛クリームで毛根を溶かしてしまうこともおすすめできません。
VIOの自己処理は、電気シェーバーでやるとカンタンです。
ですがいきなり電気シェーバーを何も処理していないアンダーヘアに当てても、しっかり剃ることができず絡まってしまいます。
VIOを電気シェーバーで剃る前には、まず鏡を使って確認しながらハサミを使い適度な長さにカットしましょう。
全剃りにしたい人も同様にハサミでカットしてからシェーバーで剃って、終了したら化粧水や乳液クリームなどで保湿しておきましょう。
もし自分で剃るのに抵抗があったり、うまく剃れるか心配だったりする人は、シェービングサービスのあるサロンもありますので相談してみるといいですね。

ミュゼー⇒ヒップ奥なら剃ってくれます。
キレイモ⇒回数パックのみ無料
恋肌(こいはだ)⇒剃り残しはそこだけ脱毛できない
脱毛ラボ⇒剃り残しがあった場合1,500円追加料金がかかることも

もし生理になってしまったら?!

VIO脱毛は生理の時は施術ができないので注意が必要です。
これは脱毛サロンだからではなく、クリニックよる医療脱毛でも生理の時のVIO脱毛は施術が不可能です。
生理中は痛みが大きくなったり、ホルモンバランスが不安定なので脱毛効果が薄く、経血のためIライン脱毛ができないなどの理由で脱毛をすることができません。
そのため、次回の予約をする際には生理日と重ならないように気をつけてください。
万が一生理と重なってしまう場合には、予約キャンセルもしくは予約の変更の手続きをしておきましょう。
当日のキャンセルの場合、脱毛サロンによっては一回分の回数が消費されてしまったり、ペナルティとして追加料金を支払わなければいけなくなってしまいます。
また、VIO脱毛に限らず生理時はホルモンバランスが乱れやすいので他の部位も脱毛をするのは極力避けましょう。

介護脱毛

介護にむけてデリケートゾーンを清潔に
今では40歳~50歳代で脱毛する人が、2013年あたりから増えていて、その理由は「介護に向けた脱毛」です。
看護士さんは炎症や感染症を防ぐため、局部に排泄物が付いていないかよく確認したり、強く拭いたりするそうです。

これを自分の子供達にやってもらうとなると恥ずかしくて申し訳ない、と感じる親世代が脱毛をはじめています。
看護をする側はやはりアンダーヘアがない方が処理はしやすいようなので、VIO脱毛はやっておいて損はありません。

脱毛を早く終わらせるためには

VIO脱毛に限らず、脱毛を早く終わらせるためには乾燥をしないように日頃から保湿をすることが大切です。
足や手などの保湿をしていても、デリケートゾーンは保湿していないという人は多いのではないでしょうか?
VIOはショーツなどの摩擦で色素沈着しやすく、ムダ毛が濃い部位なので他の部位に比べると痛みを感じやすいです。
脱毛サロンで使用する光脱毛は黒い部分に反応して、ゴムで軽くパチンと弾かれるような刺激がおこります。
他の部位に比べて毛量が多く、一本一本が太いのでその刺激が強くなる可能性が高く、粘膜に近いので痛みが感じやすいのです。
そのため、脱毛後は保湿をしてあげることが大切で、さらに美白をすると脱毛効果が上がり痛みも和らぎます。

Iラインの毛を残すかなくすか決められる

Iライン(性器周りの部位)は脱毛をするかしないかで迷う人が多い部位。
通いはじめて間もないうちは、Iラインは脱毛しなくていいやと、VラインとOラインだけを脱毛していて、そのうち残した毛が邪魔に感じてIライン脱毛しておけばよかったと後悔してしまう人も少なくありません。
どうしてもVラインやOラインがどんどんツルツルになってくるとIラインの毛が目立って見えてしまうんですよね。
Iラインは生理の時の不快感やおりものなどが原因によるムレを引き起こすので、VIO脱毛をするならIラインも脱毛することをおすすめします。
ただ、Iラインの粘膜の毛は照射できずギリギリまでになります。
じゃあ、Iラインは無毛にできないの?というわけではなく、通いはじめると分かりますがIラインは粘膜には毛は生えていなくて、ギリギリの部分に生えているので回数を重ねればなくすことは可能です。

ハイジニーナは後悔しないように!

男性によっては、VIO脱毛やハイジニーナに対して、なんでそんなところを脱毛するの?と思う人もいます。
きちんとパートナーに相談して、ハイジニーナにするかはよく考えた方がいいでしょう。
また、温泉や銭湯などではまだハイジニーナにしている人は少ないので、少し目線が気になるかもしれません。
でも、メリットも多くハイジニーナにするとブラジリアンの水着や小さめな下着などが可愛く履きこなせるようになります。
最近の下着はかなり面積が小さいですよね。脱毛していないと可愛く履きこなせまん・・・(T_T)また、生理時の不快から解放されるのはやはりハイジニーナです。
Vラインなどの蒸れからも解放されるので清潔に保つことができます。
産婦人科でも、まだ脱毛が完了していないから毛がまだらに残っていて恥ずかしい!と感じる人もいるかもしれませんが、今や80%の女性はVIO脱毛をしているので、さほど珍しいものではありません。

VIO脱毛とハイジニーナは違い

VIO脱毛はVラインの毛量を減らし形を整え、IラインとOラインは毛を残すか残さないかまでのことを言います。
簡単にまとめると、デリケートゾーンの毛をある程度残すということです。
Vラインはビキニラインと呼ばれる上部、Iラインは性器のサイド部分の両側、Oラインはお尻(肛門)です。
一方、ハイジニーナ脱毛は、デリケートゾーンの毛を全て脱毛し無毛にすることを言います。
脱毛サロンではVIOを毎回全て照射していきます。
ハイジーンという衛生という意味からつけられた呼び名で、海外ではブラジリアンワックスなどを使い無毛にするのが一般的です。
サロンによってはVIO脱毛のことをハイジニーナと呼ぶところもあるので混乱するかもしれませんが、無料カウンセリングの際に毛を残すのか無毛にするのか相談ができるし、お試しコースがある脱毛サロンもあるので安心して下さいね。

男性のホンネ

★VIO・ハイジニーナ脱毛ランキングに戻る★