VIO脱毛

「VIO脱毛は恥ずかしい」と思う方必見!VIO脱毛の施術について詳しく解説します!

VIOの自己処理をする時って、ゴワゴワしていたり、手が届きにくかったりで大変ですよね。

いっそのこと脱毛しちゃえば、そんな煩わしさにオサラバできるけれど・・。

「VIO脱毛がしたい!でも、他人にデリケート部分を見られるのは恥ずかしい!」と、vio脱毛を躊躇っている方は多くいらっしゃることと思います。

そんな方は、是非こちらを読んでみてください。

vio脱毛をする時の施術の仕方(格好や体勢)、スタッフ目線からのvio脱毛について、詳しく解説します!

VIO脱毛はどんな格好でするの?

施術当日に着ていく服は、どんなものでも大丈夫。

vio脱毛を行なう時は、下半身の服・下着は全て脱いで、用意されているガウンや、紙ショーツに着替えます。

一般的に、「ガウンの下に紙ショーツを履いた状態」が、施術を受ける際の基本スタイルです。

※ガウンではなく、バスタオルをかけるだけのところもあります。
※紙ショーツの形状も、普通のショーツ形、Tバック形、サイドが紐になっているものなど、様々です。

VIOの施術は、紙ショーツをずらしながら、あまり丸見えにならないよう配慮してもらえるところがほとんど。

施術中は目をゴーグルやタオルで覆っているので、自分では施術の様子が見えないということもあり、恥ずかしさは感じにくいです。

心配な方はまずはVIO脱毛体験コースもあるので、こちらも参考にしてくださいね。

VIO脱毛は体験キャンペーンを利用してお得にお試し脱毛しよう!デリケートな部位だからこそ、トライに悩むのがVIO脱毛です。心配なときは、痛みやサロンの雰囲気をリーズナブルプライスで確かめることができるVIO脱毛の体験キャンペーンから始めてみるのがおすすめ。こちらの記事では、そんなVIO脱毛体験情報についてまとめています。...

どんな体制でVIO脱毛するの?部位ごとに解説!

「vio脱毛の施術の方法は、どうやるの?」

「どんな体勢にさせられるの?」
など、vio脱毛は疑問だらけ。

施術の具体的な流れを知っておくだけで、少しは不安が和らぐかもしれません。

それぞれ部位ごとに分けて、解説します!

Vライン

Vラインとは、立った状態で前から見える部位。

ベッドに仰向けになり、両脚を伸ばすor軽く曲げて、紙ショーツを下や横にずらしながら照射していきます。

ハイジニーナ(全部ツルツル)にする方の場合は、全部分照射する必要があるので、紙ショーツを全部下げて、一気に照射します。

Iライン

Iラインは、大陰唇の周りに生えている毛の部位。

基本的に、Vラインからの流れでIラインの施術を行ないます。

照射部位がちゃんと見えるように、紙ショーツをずらしたり、下ろしたりします。

体勢は仰向けのまま、施術する側の脚をくの字に曲げ、外側に倒しての照射。

簡単にいうと、脚で数字の「4」を描くようなイメージですね。

身体が固い方にとって、この体勢は少しキツいかもしれませんが、2〜3分で終わるので頑張りましょう!

Iラインは色素沈着の多い部位なので、他の箇所と比べて、照射中に痛みを強く感じる方も多いです。

痛みで身体が「ビクッ」と反応して少し恥ずかしい気持ちになるかもしれませんが、これは自然な反応なので、気にする必要はありません。

Iライン脱毛ってツルツルにできないの?Iライン粘膜の脱毛についてIラインの自己処理はケガや黒ずみの原因となるためおすすめしません。Iラインの粘膜まで脱毛したいのであればvio脱毛を専門にしているサロンや、医療脱毛クリニックがおすすめです。...

Oライン

Oラインは、肛門周りに生えている毛の部位。

一般的にはうつ伏せか横向きになり、紙ショーツをずらして施術を行ないます。

ごくまれですが、四つん這いの体勢で行うというところも。

細部までしっかり脱毛するため、スタッフがお尻の割れ目を広げて照射します。

Oラインは狭い範囲の部位のため、本当にあっという間に終わっちゃいます。

VIOの脱毛は、上半身はガウンを着たまま。

バスタオルや毛布も用意しており、寒い時は掛けてもらえます。

VIO脱毛が痛い理由から痛みの軽減方法とハイジニーナに最適な脱毛法まとめ個人差もありますが、vio脱毛は痛いです。こちらの記事では、なぜvio脱毛が痛いのか、痛みを軽くする方法や痛くないvio脱毛はないのかを詳しく解説しています。キレイなアンダーゾーンに憧れているなら、ぜひ読んでみてください。 ...

VIO脱毛についてスタッフに聞いてみた!

vio脱毛をするなら、必然的に局部を晒さなくてはならないため、「スタッフにどう思われているのか?」ということは、正直かなり気になるところ。

そこで、スタッフはvio脱毛をどう感じているのかを調べてみました!

VIOの色や形などの見た目について

「『お客様の大切な部分を扱っている』という責任感や、『綺麗になってもらいたい』という気持ちが強いですね。
『恥ずかしい』、『こんなところを施術してもらうなんて申し訳ない』などとおっしゃる方もいらっしゃいますが、全然気にしなくても大丈夫ですよ。
スタッフは仕事ですし、逆に、大切なところを信頼して任せてくださることが、ありがたいと思います!
なるべくリラックスしてもらえるように工夫しているので、安心して脱毛に来ていただけたらなと思います。」

「全然、なんとも思ってないです。
施術中は、照射漏れや痛みなどのトラブルがないように細心の注意を払っていて、肌状態や毛の生えている部分を確認することに集中しています。
まじまじと性器を直視することはありません。
最近はvio脱毛をする人が増えてきていることもあり、予約が多く、スタッフはかなりタイトなスケジュール。
いちいち、覚えていないくらいです(笑)。」

「スタッフからすると、全く気にして見ていないです!
強いて言うなら、『痛そうだな』と思うくらい。
施術中は、毛穴がどこまであるかなどを見ることに集中しているので、形や色を気にされているようなら、それは取り越し苦労です!」

おりもので濡れてしまうことや、ニオイについて

「おりものなどの分泌物は、特に気にせず拭き取って、施術を進めています。
ニオイなどは、そこまで気になることはないですね。」

「施術中、おりものやティッシュが付着していることなどは、日々よく目にします。
これは自然なことですし、スタッフは皆慣れているので、不快に思うことはありません。
施術室にウエットティッシュなどが置いてあるサロンやクリニックが多いので、ニオイやおりものなどが気になる方は、初めに着替えるタイミングで拭き取っておくといいですね。」

「デリケートな箇所の施術ということで、スタッフは大抵のことには動じず、問題のないようにしっかり備えています。
不安なことがあれば、カウンセリングの段階で相談して、スタッフを信頼できるようになってから施術に臨むのがいいと思います!」

vio脱毛をするうえで、「性器の見た目」、「おりもの」、「匂い」は、多くの方が気になる・恥ずかしいと感じるポイントだと思いますが、スタッフは「全く気にしていない」ということが分かりました。

スタッフは1日に何人も施術しているので、VIOは既に見慣れたもの。

それに、施術中は照射に集中しなくてはならないため、VIOをまじまじと見ることはないとのことでした。

たしかに、仕事である以上、スタッフはプロ。
スタッフを信じて、身を任せましょう。

恥ずかしがる必要ナシ!VIO脱毛する女性は増えている!

vio脱毛する女性は年々増えており、今では10代から40、50代までと幅広く、介護のためのVIO脱毛をしている女性も増えてきています。

VIOを脱毛するメリットも多く、今やvio脱毛は一般的なこと

恥ずかしくて悩んでいる方は、事前にカウンセリングで相談してみるのもよいですね。

1回施術を受けてしまえば、慣れて恥ずかしくなくなる方も多いです。

VIO脱毛当日は事前にウエットティッシュで拭き取るなどの配慮さえしておけば、あとは大丈夫。
スタッフを信頼して、お任せしちゃいましょう!

VIOを脱毛して、清潔で綺麗なデリケートゾーンを手に入れてくださいね。

VIO・ハイジニーナ脱毛するなら安くておすすめ人気のサロンランキング!2019年最新版!VIO・ハイジニーナ脱毛するならどの脱毛サロンがおすすめなのか?脱毛サロンランキングサイトのエピワンが料金が安くて人気のサロンをご紹介しています!条件別で探す、安い料金で選ぶなど自分に合った脱毛方法でVIO脱毛を始めてみましょう!...