VIO脱毛ランキング

妊娠中にvio脱毛できない理由は?子宮や胎児への影響と再開時期とは?

これから脱毛を開始する女性も、すでに脱毛をスタートさせている女性も、妊娠中にvio脱毛すると子宮や胎児に対して何か影響があるのか不安に感じている方が多いのではないでしょうか。

妊娠を希望していなくても、脱毛と妊娠の関係について知っておきたいですよね。

また妊娠には発覚するまでのタイムラグがあるため、「妊娠した状態で脱毛してしまった!」という話もよく聞きます。

そこで妊娠すると脱毛できない理由、子宮や胎児への影響をはじめ、脱毛再開の時期について解説していきます。

妊娠するとVIO脱毛できない?

脱毛中に妊娠が発覚すると、脱毛を休止しなければいけません。
妊娠が分かった時点で、サロン側に妊娠したということを伝えましょう。

妊娠したら脱毛を解約しないといけないということはなく、休止制度を利用して脱毛を中断することができます。

脱毛再開のタイミングは脱毛サロンによって異なりますが、ほとんどの脱毛サロンでは出産後の授乳が終わった段階で脱毛を再開できます。

脱毛休止を利用する際の手数料はかからないので安心してくださいね。

ミュゼは妊娠中に脱毛してくれる?妊娠したら休止や再開の手続きの方法は?ミュゼでは妊娠している人も脱毛できるのでしょうか?こちらでは妊娠中の施術へのミュゼの対応や脱毛再開の時期、妊娠中の自己処理の方法についてお話しています。 ...

妊娠中にVIO脱毛すると子宮や胎児に悪影響があるの?

妊娠すると脱毛できないと聞くと、「脱毛自体が子宮や胎児に悪い影響があるの?」と心配になりますよね。

特に子宮に近いvioの脱毛による影響が気になるところです。

結論からいうと、vio脱毛による子宮や胎児への影響はありません

光脱毛は黒い色素に反応する特殊な光を照射して、毛根に対してダメージを与えます。

脱毛に使われる光は出力レベルが低いため子宮まで届くことはなく、毛根あたりまでしか影響を与えることができないのです。

妊娠すると脱毛できない理由は、子宮や胎児への影響ではなく別のところにあります。

妊娠中にvio脱毛できない2つの理由

vio脱毛が子宮や胎児に影響がないとはいっても、なぜサロン側で妊娠中の脱毛が禁止されているのか気になりますよね。

なぜ妊娠中は脱毛できないのかという理由について2つご紹介します。

肌が敏感になるから

妊娠するとホルモンバランスが乱れることで、肌が非常に敏感になります。
それまで痛いと思わなかった刺激でさえも、妊娠すると痛みに過敏になり苦痛を感じます。

妊娠中はなるべくストレスを感じないように過ごす必要がありますが、脱毛の痛みが精神的なストレスになってしまう可能性が高いのです。

さらに刺激に対して過敏になり、肌トラブルを起こす可能性があるため妊娠中は脱毛できないということになっています。

ホルモンバランスの影響で毛深くなるから

女性は妊娠すると、それまでと比べて毛深くなる傾向があります。
その原因は、妊娠によるホルモンバランスの乱れによるものです。

ホルモンバランスが乱れた状態で脱毛施術を行っても毛が薄くなるどころか、毛深くなってしまうと脱毛する意味がありませんよね。

ホルモンバランスが安定した状態で脱毛した方が効果が高いため、授乳が終わった段階で脱毛再開するサロンが多いのです。

出産後はいつから脱毛サロンに行ける?人気サロンの再開時期&はじめて脱毛するママの疑問を解決!妊娠中は脱毛することができないので、出産したら早く脱毛をしたいという人も多いでしょう。しかし産後すぐに脱毛しても良いのか?帝王切開で出産したけれど脱毛できるの?と疑問に思う人もいるはずです。ここではそのような脱毛の疑問にいろいろお答えしていきます...

妊娠に気付いていない状態でVIO脱毛するとどうなるの?

妊娠が判明したら脱毛を休止できますが、妊娠に気付いていない状態で脱毛してしまったというケースもありますよね。

故意ではないものの「どうしよう」と不安になってしまう方が多いのではないでしょうか。

妊娠している状態でvio脱毛してしまった場合は、すぐにサロン側に説明して脱毛を休止しましょう。

子宮や胎児への影響についてですが、vio脱毛を行っても子宮や胎児には影響がないので、問題はありません。
妊娠したということが分かるのは、2か月から3か月が多いといわれています。

脱毛サロンでの施術の頻度は、2か月おきから3か月おきなので、妊娠してからそれが判明するまでに脱毛施術を行う可能性も大いにあります。

脱毛サロンの光脱毛では、非常に弱い出力レベルの光を使用しています。
vio脱毛をしても子宮や胎児まで光が届くということはないので安心してくださいね。

妊娠がわかったら脱毛サロンはお休み

脱毛サロンでは、妊娠するとvio脱毛できませんが、子宮や胎児に悪い影響があるからという理由ではありません。

妊娠すると母体にはいろいろな変化が現れます。

ホルモンバランスの乱れによる変化ですが、肉体的な変化だけでなく、精神的な変化も大きく表れるので、それまでと同じように脱毛施術を行うことができません。

万が一、妊娠した状態で脱毛施術を行ってしまったという方も安心してくださいね。

妊娠が分かった時点でサロン側に妊娠を伝えて、休止手続きを行うようにしましょう。

ほとんどの脱毛サロンでは、授乳が終わった時点で脱毛を再開できます。

脱毛したいけど妊娠も希望しているという方は、生理周期を確認しながら脱毛の予約を入れていくと安心して施術が行えますよ。

妊娠する可能性があるという方も、子宮や胎児には影響がないので安心してVIO脱毛してくださいね。

VIO・ハイジニーナ脱毛するならおすすめ人気サロンランキング!2019年最新版!VIO・ハイジニーナ脱毛で人気の脱毛サロンをセレクトしてランキングで掲載中!賢く選んでキレイに脱毛しちゃいましょう!...