脱毛サロンの基礎知識

SSC脱毛とIPL脱毛って何が違うの?

脱毛サロンをチェックしていると「SSC脱毛」や「IPL脱毛」などの脱毛方法を良く目にしますよね。
一見光脱毛は全て同じように見えますが、扱う脱毛器によっても効果が異なります。

高い料金を払って脱毛に通うなら、自分にとってベストな脱毛方法で施術したいですよね。
そこで、今回はSSC脱毛とIPL脱毛の違いについて詳しく解説していきます。

更にそれぞれ脱毛する上でのメリット・デメリット、どのような人にオススメなのかも紹介していきます。

SSC脱毛の特徴は?メリット・デメリットを解説

まず、SSC脱毛の特徴を紹介していきます。
この脱毛法は、肌に塗る冷たいジェルに光を照射することで、ジェルに含まれる抑毛成分を毛穴へと届けていきます。
そして抑毛成分が毛穴に浸透することで、毛の再生を減らしていけます。
ミュゼ脱毛ラボコロリープリート・がこのSSC脱毛を採用していて人気となっています。

SSC脱毛のメリット

黒いメラニン色素に光を照射する脱毛法ではないので、火傷や腫れ、赤みなどの肌トラブルが起こりにくいです。
また、照射時に感じる痛みも軽減していけるので、痛みに敏感な人、肌が弱い人でも脱毛しやすくなります。

SSC脱毛デメリット

毛乳頭を破壊する脱毛法ではないので、脱毛が完了した後でも毛が再び生えてくる可能性があるのが弱点です。
また、抑毛成分は冷たいジェルに含まれているためジェルの使用は必須となり、冷たいジェルが苦手という人は苦痛に感じるかもしれません。

IPL脱毛の特徴は?メリット・デメリットを解説

まず、IPL脱毛の特徴を紹介していきます。
この脱毛法は、黒いメラニン色素を狙って光を照射し毛根組織を破壊していきます。
そして毛根組織が壊れるとそこから毛が生えなくなってきます。

多くの脱毛サロンがこのIPL脱毛を採用していますが、代表的なサロンは銀座カラーシースリーキレイモなどになります。

IPL脱毛のメリット

IPL脱毛は強い光で毛根組織を破壊できるので、脱毛効果を感じやすくしっかり
毛を処理していけます。
また、濃い毛に光が反応しやすいので、VIO、腕、脚、ワキなどを脱毛するのに非常に向いています。

IPL脱毛デメリット

IPL脱毛はメラニン色素に反応させて脱毛していくので、色素の薄い産毛には反応しづらく、照射をしても毛が抜けない可能性が高いです。
ですから、顔や背中、うなじ、ヒップなどの産毛が密集している部位を脱毛するには不向きです。
また、IPL脱毛が黒いものに反応する仕組みになっているので、肌が黒い人、日焼け肌の
人は火傷してしまうので、この脱毛法では施術できません。

あなたはどちらの脱毛法に向いている?

SSC脱毛とIPL脱毛について詳しく解説してきましたが、あなたがどちらの脱毛法に向いているのか解説していきます。

SSC脱毛に向いている人
  • 敏感肌の人、肌が弱い人
  • 痛みがあるのが苦手な人
  • 肌トラブルが心配な人
  • 産毛も脱毛して行きたい人
IPL脱毛に向いている人
  • 脱毛効果をしっかり出していきたい人
  • お肌に疾患などがない人
  • 痛みに強い人
  • 腕や脚、VIOなど毛の濃い部位を脱毛していきたい人
  • 毛量が多い人(毛深い人)

上記のように、お肌が弱い人(敏感肌の人)、痛みが苦手な人はSSC脱毛の方が肌に受けるダメージが少ないので、トラブルも起こしにくく安全に脱毛していけます。
逆にお肌が強い人、痛みに耐えられる人、しっかり毛を減らして行きたい人はIPL脱毛の方が脱毛効果を実感しやすく納得のいく脱毛を受けられるでしょう。

敏感肌の人はSSC脱毛、しっかり脱毛効果を出したい人はIPL脱毛がオススメ

今回は、SSC脱毛とIPL脱毛の違いについてみてきました。
どちらも光脱毛になるので、そこまで大きな違いがないようにも見えますが、
SSC脱毛は抑毛成分を毛穴に浸透させ、毛の再生を抑制する脱毛方法であり、IPL脱毛は黒いメラニン色素に光を当てて毛根組織を破壊し毛を再生させない脱毛方法になります。

SSCの方が肌に負担が掛りづらいので、敏感肌や痛みに弱い人でも安心して脱毛を受けられます。
また、しっかりムダ毛をなくしていきたい、濃い毛をきちんと処理していきたい人はIPL脱毛の方が合っています。
もし不安な人は、無料カウンセリングでスタッフに自分の毛質を見てもらい相談してみて下さいね。
気になる脱毛サロンの脱毛方法をまとめて確認したい方は、脱毛サロンの方法一覧表で再度比較をしてみてください。